おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

新しい地平に走り出す ブライトリングのトップタイム デウス リミテッド エディション

update:
ブライトリング・ジャパン株式会社
ブライトリングは、デウス・エクス・マキナとのパートナーシップの発表をとても嬉しく思っています。このオーストラリアのライフスタイルブランドからインスピレーションを受けたラギットでレトロなトップタイム デウスは、この地球で冒険的な生活を謳歌する“男女の神々”に向けてデザインされました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-250433-0.jpg ]

このエキサイティングなパートナーシップの一環として、ブライトリングは、イタリア、フランス、オーストラリア、バリなど世界各地で開催されるビンテージ・バイクの祭典「デウス・スワンク・ラリー」の公式タイムキーパーを務めます。しかし、ブライトリングCEOジョージ・カーンが指摘しているように、トップタイム デウス リミテッド エディションは、バイカーのためだけのモデルではありません。
「バイカー、ボーダー、サーファー、デジタルノマド…。このモデルは、行動力、目的意識、独自のスタイルを持つダイナミックな人たちのためのタイムピースです。多様なスタイルにマッチするトップタイム デウスは、自分のペースで自由に世界を探検する自由な精神を讃えるものです。」
デウス・エクス・マキナ側も、同じ見解です。「デウスの哲学は、オートバイ、サーフィン、スケートボードなどがそれぞれの分野として確立する前の時代、さまざまな娯楽を垣根なく楽しんでいた頃を思い出させるものです。デウスは楽しむ人ならどなたでも受け入れますよ」と創設者のデア・ジェニングスは言います。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-217492-2.jpg ]


デウス・スクワッドを紹介します
それに、楽しみは一つだけ選ぶべきなんて、誰が言うのでしょう?その最たる例が、カリフォルニア在住のフォレスト・ミンチントン。バイクと同じくらいサーフボードにも情熱を注いでいます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-478748-3.jpg ]


「うまく乗れていることが人生のすべて。調子が良い瞬間をキープできるなら最高だ」とミンチントンは言います。彼とハワイの競技サーファーのシエラ・ラーバック、そしてフランスのバイクエンジニアでデザイナーのジェレミー・タガンの3人が、ブライトリングの新しいデウス・スクワッドとなります。3人とも、デウス・エクス・マキナとは長い付き合いで、今やそのラギッドで怖いもの知らずなDNAの一部となっています。ブライトリングは、限界のない人生へのアプローチを表現したタイムピースの発表に際して、3人を迎えることができ大いに期待を寄せています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-260652-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-502431-5.jpg ]


冒険が手招きをするとき
デウス・エクス・マキナとの共同デザインによるトップタイム デウスのクロノグラフは、1960年代のブライトリングのオリジナルウォッチを彷彿とさせ、自由な精神に対するオマージュを表現しています。オリジナルのトップタイムは明白なミッションを携えていました。それは、「若く活動的なプロ」のニーズに応える「超モダン」クロノグラフであるということ。今回リリースされたモデルのレトロな雰囲気には、不朽の魅力があります。時間を測るのではなく、冒険から手招きを受けたその"時"に広がりを持たせることができるのです。
[画像6: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-594092-1.jpg ]

大胆でありながらスタイリッシュ。この新モデルは、レーシングをテーマにしたカーフスキンレザーストラップ。シルバーのダイヤルにはイエローとオレンジのディテール、角を丸めた正方形のクロノグラフカウンター。ブラックのタキメーター目盛りには、ホワイトでデウスのロゴとスローガンの「In benzin veritas」。41 mmステンレススチール製ケースの裏側には、デウスのクリエイティブディレクター、カービー・タックウェルがデザインした疾走するレトロなモーターサイクリストが刻まれ、アイコニックなデウスのアートワークがフィーチャーされています。ムーブメントはCOSC公認クロノメーターのブライトリング キャリバー23、パワーリザーブは約48時間です。

[画像7: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-545254-8.jpg ]

そして何と言っても、最もヒネリの効いたディテールは、稲妻の形をしたクロノグラフ針。だからこそ、雷のように素早く手に入れなければならないでしょう。製造されるのは1500本限定。トップタイム デウスは、発売から4週間はオンライン限定で、その後全世界のブライトリング正規販売店ネットワークに登場します。

[画像8: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-217768-6.jpg ]

www.breitling.com(および一部の正規販売店ECサイト)でこのモデルをご購入になるお客様は、デウスのコーヒーテーブルブックとキャンバスの特製トートバッグもゲットできます。

[画像9: https://prtimes.jp/i/32319/73/resize/d32319-73-582506-7.jpg ]


ブライトリング
1884年以降、ブライトリングは、高精度のタイムピース、腕時計クロノグラフの開発をリードする役割、その卓越したデザインへの妥協のない取組みにおいて、国際的に高い評価を得たブランドとしての地位を確立してきました。航空界との密接な関係を古くから保ちながら、ブライトリングは人類が大空を自在に行き交うようになるその中で、素晴らしい時間を分かち合ってきました。革新の精神で知られるブライトリングはまた、科学、スポーツ、テクノロジー等の分野においても特別な地位を獲得しています。ムーブメントは自社製造。そして、どのウォッチにおいても(すべてのブライトリングウォッチのムーブメントのように)「スイス製、COSC認定クロノメーター」というステータスを通じて、その品質が保証されています。

デウス・エクス・マキナ
デウス・エクス・マキナ(ラテン語でマシンから現れた神の意味)は2006年にオーストラリアで誕生しました。美しくカスタマイズされたバイクと、そして「行動を起こすことは、ただ何かを所有しているよりも面白い」というユニークな考えと共に。ブランドという枠に留まらずに、まさにカルチャーそのものと言えるデウス・エクス・マキナ。そのオープンな姿勢と熱意は、世界中の人々の共感を得るものです。デウスは、単にハンドビルトのバイクや高品質の服や自由を愛する人々に販売するだけでなく、クリエイティビティという文化を称えるためにスタートしました。デウスは、正直でマシンを楽しむ人をリスペクトし、どんな人でも受け入れます。すべてを受け入れること、本物であること、情熱的であること。世界中にデウス・エクス・マキナを羽ばたかせたのは、このシンプルで真摯な姿勢です。デウス・エクス・マキナは、個人主義に「正解」はない、すべて同じ動力源だとシンプルに語ります。

最近の企業リリース

トピックス

  1. バレバレなんですが……隠れているつもりの猫が可愛すぎる

    「野生」を忘れてしまったペットって可愛いですよね。今から紹介するミヌエットのみにらくんも完全に「野生…
  2. タヌキがキツネに変身? 北きつね牧場で撮られた奇跡のスリーショット

    「たぬきがきつねに変わるまで…逆もあり?」と1枚の写真がツイッターに投稿。真っ白な雪景色の中、左端に…
  3. オーストラリア空軍の戦闘機連携ドローン「ロイヤル・ウィングマン」試作機初飛行 追加発注も

    オーストラリア空軍とボーイングが共同開発している、戦闘機と連携して飛行する無人機(ドローン)の「ロイ…

編集部おすすめ

  1. ゴールデンレトリバーのらん丸くんは、犬も人間も大好きで何にでも興味を示す、天真爛漫で元気いっぱいな少…
  2. 「なんか寝苦しいなぁ……」と思ったら、お腹の上に猫が……。起こされてしまったものの、猫好きにとっては…
  3. 近年急速に発展した先端技術「VR」。仮想現実とも称されるそれを、デジタルアートとして昇華させたクリエ…
  4. N.Y発ブランド・レスポートサックは、スタジオジブリのキャラクターグッズを幅広く取り扱う「どんぐり共…
  5. 小さいダンボールの箱に入ったりするなど、猫は狭いところが好きだったりしますが、「それはさすがに苦しい…

新着記事

ページ上部へ戻る