おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

クリエイティブスタジオ「yenter(エンター)」始動 ー特定のジャンルに捉われず、縦横無尽にクリエイティブを牽引

update:
アソビシステム
アソビシステム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中川悠介/以下、アソビシステム)は、特定の業界やカルチャーのジャンルなどに捉われず、また日本のポップカルチャーを発信してきたアソビシステムのイメージを覆しながら多彩なクリエイティビティを発揮するクリエイティブスタジオ「yenter(エンター)」(https://yenter.jp/)を始動しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/17258/69/resize/d17258-69-336508-0.jpg ]

「yenter」は、日本語の“円”とキーボードの“エンターキー”を由来に名付けられた、少数精鋭のクリエイティブチームです。どこから見ても欠けることのない“円”を描くように、そして“エンターキー”のように物事を前へ進めるための起点となる、全方位的なクリエイティブを提供していくという想いを込めています。

■数々の実績を誇る個性豊かなメンバー
所属クリエイターは、2BOY(アートディレクター)、高山優子(アートディレクター)、滝絋平(ビデオグラファー/VJ)、Nah(イラストレーター)、ヨシフクホノカ(イラストレーター)、NAKAKI PANTZ(イラストレーター)、山下人夢(書道アーティスト)など、バックグラウンドの異なる個性豊かなメンバーが、未知のクリエイティブを牽引します。

ほかにも多彩なクリエイターを巻き込みながら柔軟なチーム編成でクリエイティブプロジェクトを推進するほか、クリエイターのマネジメントも行い、新しいチームメンバーも随時募集していきます。

■あらゆる業種に対して、すべての領域を横断して全方位のクリエイティブを提供
広告やWEBサイトをはじめとしたアートディレクション・デザインはもちろん、パッケージやプロダクト、ムービー、空間のクリエイションにも対応。プランニングからアウトプットのフィニッシュまで、表現方法に際限はありません。

【クリエイティブ領域の一例】
○クリエイティブディレクション
○アートディレクション
○グラフィックデザイン
○パッケージデザイン
○プロダクトデザイン
○イラストレーション
○映像ディレクション・プロデュース
○ウェブデザイン・プロデュース
○空間ディレクション・プロデュース
○プランニング・制作

■クリエイティブスタジオ「yenter(エンター)」について
サービス内容:あらゆる媒体における各種クリエイティブの企画・制作
URL:https://yenter.jp/
お問い合わせ:上記WEBサイト内、【CONTACT】よりメールにてご連絡ください。

プロジェクトのジャンルや大小に関わらず、まずはお気軽にご相談ください。

■アソビシステムについて
“ブームを作ることよりも、カルチャーを創る。今の時代に発信すべき「アソビ」をもっと。”
きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ、増田セバスチャンなど、日本のポップカルチャーを牽引するアーティストを擁するカルチャープロダクション。アーティスト、モデル、アクター、クリエイターのマネジメント、音楽フェスやファッションイベントなど様々なイベントの企画・制作、メディア運営、店舗事業、インバウンド・アウトバウンド事業など、原宿を拠点に国内外で幅広く展開する。
URL:https://asobisystem.com

最近の企業リリース

トピックス

  1. アメリカ海軍セオドア・ルーズベルト空母打撃群が南シナ海入り

    アメリカ海軍の空母セオドア・ルーズベルトを旗艦とする空母打撃群が2021年1月23日、定期的な哨戒任…
  2. 頭隠して尻隠さず?コタツの使い方が間違っている猫

    「猫はコタツで丸くなる~♪」という歌がありますが、どうやら丸くならない猫もいるようです。マンチカンの…
  3. 約1年で10倍のビフォーアフター 猫の成長っぷりにネット民笑撃!!

    ミヌエットという猫種のポイくん、約1年で体重が450gから4.5Kgにまで成長しました。そのビフォー…

編集部おすすめ

  1. 2021年2月の運転(公演)が決定した「鉄ミュ」ことミュージカル「青春-AOHARU-鉄道」、待望の…
  2. バンダイは、KDDIで販売されていた携帯電話を全長約5.7cmのミニチュアサイズで再現した「ガラケー…
  3. ぶんけいさんと@小豆さんの男女2人組によるYouTubeチャンネル「パオパオチャンネル」が、2021…
  4. 2020年の漫道コバヤシ漫画大賞のグランプリを、週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」が受賞したこと…
  5. 飼い主のちょっとしたスキをつき、自分の領土を広げていく猫。Twitterユーザーの雪猫さんも、リビン…

新着記事

ページ上部へ戻る