おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

タグ:バレエ

  • アン・ドゥ・トロワ……にゃんこバレエ団結成にゃ ポーズの美しさにうっとり
    バレエの魅力と言えば、ダンサーのポーズや動きの美しさ。しなやかな曲線美はつい見入ってしまうものですが、踊れるのは人間だけではなかったようです。「にゃんこバレエ団」というつぶやきと共に、1枚の画像を投稿したのは、Xユーザーの小野一俊さん。そこにはなんとバレエを踊っているかのような猫の姿が写っています。スーブルソーしながらのカンブレかな?これはかなりの上級者だ……!
  • 【大人リーナ300人に聞いた】大人バレエで上達するために大切なこと
    近年、大人の趣味として広がりを見せている「大人バレエ」。しかし、ポジションや身体の動かし方が明確に決まっているクラシックバレエは、簡単にマスターできるものではありません。きっと、大人バレエを習っている人の中には「なかなか上達できない」「いつになったら上手に踊れるの?」と不安を感じている方も多いはず。そこで、大人リーナたちに、上達を実感した時期や上達に大切なことを尋ねてみました。
  • 【大人バレエ】発表会って出るべき?大人リーナにアンケート取ってみた
    夏に開催されることの多い「バレエの発表会」。子どもの場合は「所属しているなら当然出演」となることが多いのですが、大人が趣味として習う「大人バレエ」の場合、出演するかどうかは本人の判断に委ねられることもしばしば。とくに、バレエを始めたばかりの方なら非常に悩む場面でしょう。そこで、大人バレエを楽しんでいる「大人リーナ」たちに、発表会の出演経験や出演してよかったことなどを尋ねてみました。
  • 【聞いてみた】人気の趣味「大人バレエ」通うペースはどのくらい?
    大人の趣味として人気を集めているバレエ。大人バレエの特徴として「趣味と言って良いのかわからないほど熱心な人が多い」という点があります。そこで今回は、大人リーナたちのレッスン回数に関するアンケートを実施してみました。
  • 足の大きさに左右差がある人向け!トゥシューズを履きやすくする工夫
    バレエでつま先立ちを可能にする「トゥシューズ」。ぴったり自分の足に合っていないと非常に履きにくい、繊細な靴です。しかし、そもそも足の大きさに左右差があったら……?そこで今回はトゥシューズ経験者約250名に「足の大きさに左右差がある場合の工夫」を尋ねました。
  • レオタードとタイツどっちが先?
    海外やプロダンサーでよく見かける、レオタードの上にタイツをはく「タイツonレオタード」のスタイル。「オーバータイツ」とも呼ぶそうです。タイツとレオタードの着方(どちらが先か)に関して、アンケートを取ったところ、「タイツonレオタード」には、見た目以外にも機能面でメリットがあることが判明!アマチュア・バレエ教師・プロダンサーによって着方の割合が変わることも判明しました。
  • 【バレエ】センターでフリーズしちゃう人に知ってほしい「センターレッスンのコツ」
    バレエのレッスンでは、主にバーを持って動く「バーレッスン」とバーから離れて動く「センターレッスン」の2つをおこないます。 センターレッスンは、バーレッスンより動きが複雑になるため、バレエの動きに慣れてきた人でも「順番が分からなくなってフリーズしてしまう」ということも。そこで、バレエ歴20年超えの筆者が「センターレッスンでスムーズに動くためのコツ」を4つ紹介します。
  • バレエあるある?先生の独特な表現を集めてみたら定番ネタが見つかった
    バレエのレッスン中に飛び交う先生からの指導。「つま先を伸ばして!」「目線もっと上に!」など具体的な表現がほとんどですが、ときには「それどういう意味?!」と一瞬困惑してしまう“バレエの先生による独特な表現”もあります。そこで、SNSにて“バレエの先生の独特な表現”を募集しました。すると、意外にも定番ネタがあることが発覚!きっとバレエ経験者なら「あるある!」と共感していただけるでしょう。
  • 【議論】バレエのお月謝は新札(ピン札)で払うべき?バレエ関係者にアンケート
    バレエ界隈でときどき議論になる「バレエのお月謝は新札・ピン札で払うべきか」問題。筆者の観測範囲内の話ですが、X(旧Twitter)では、バレエやピアノなどで「新札・ピン札で払う派」による問題提起を見かけることが多く、数年前に「お月謝を新札で払う文化」を知った筆者(バレエ歴20年超え)はかなり戸惑っていました。
  • 【バレエ初心者向け】バーレッスンの順番を覚えるには?大人は理論をつかむのがコツ
    バレエを始めたばかりの方が悩むことといえば「順番が覚えられないこと」。とくに、レッスンの最初におこなうバーレッスンでつまずくと、モチベーションが一気に下がってしまいます。「順番を覚えられないから、身体の使い方を気にする段階までいけない」「こんなに覚えられないとは思わなかった」という声、SNSでよく見かけます。今回は、バレエ歴20年超えの筆者が、バーレッスンの順番を覚えるときのポイントやコツを解説。
  • 生徒やダンサーを性的な目から守るためにバレエ教師・保護者が注意したいこと
    みなさんご存じのとおり、バレエは練習着であるレオタードや舞台で着用する衣装の露出度が高めです。そして、バレエをしている私たちにとっては非常に残念なことですが、バレエをしている人を性的な目で見る人は存在します。そこで今回は、楽しくバレエをするために、バレエを習う子どもたちが嫌な思いをしなくて済むように、バレエ教師や保護者が注意したいことを紹介していきます。
  • バレエ発表会に招待されたらどうする?服装・マナー・所要時間などを解説
    バレエは習い事ランキングで常に上位に入る人気の習い事。特に、女の子の保護者の方は、急に「○○ちゃんにバレエの発表会に誘われたよ〜」と娘さんが言ってくることもあるかもしれません。そのようなときに慌てなくて済むよう、本稿では「バレエ発表会のお呼ばれマナー」をテーマに、気になる鑑賞時の服装やマナー、平均的な所要時間などを解説します。
  • バレエ発表会のときに必ずおこなう「舞台メイク」。以前は、会場入りして先生やOGたちが舞台メイクを施してくれるのが一般的でした。しかし、コロナ禍以降、自宅で舞台メイクをおこなってから会場入りする流れを採用している教室が増えています。「自宅で舞台メイクをしてから会場入りする際の注意点」というややマニアックな内容ですが、「きれいな舞台メイクをするため」「周囲への配慮のため」という2つの観点で解説します。
  • 【バレエ発表会】本番直前に「いつも出来ていたことが出来なくなった」ときに意識したいポイント
    発表会直前や前日のリハーサルで「いつも出来ていることが出来なくなる現象」。これってバレエあるあるですよね。筆者の場合は、ゲネプロや本番の朝のリハーサルなど、舞台に上がってから「調子が悪い」と感じます。このように「本番直前にスランプ気味になってしまったとき」に筆者が実践していることを8つ紹介。「舞台上での目線の高さ」など具体的なことからさまざまありますが、きっと舞台に立つ方々の役に立つはずです。
  • バレエ教室を移籍するとき先生にどう伝える?経験者に聞いてみた
    バレエを習っている(習っていた)方なら一度は見聞き、または経験するのが「バレエ教室の移籍問題」です。移籍に関しては、人によって考え方が異なり、ハッキリとした”正解”があるわけではないため、価値観の相違からトラブルが起こることがあります。筆者自身は、21年間同じバレエ教室で習っているため移籍の経験はないのですが、これまでに様々なトラブルや気まずくなった体験談をSNSや周囲で見聞きしました。
  • 大人からのクラッシックバレエ
    近年じわじわと人気を集めている「大人からのクラッシックバレエ」。子どもの頃憧れだった・習いたかったけど習えなかった人たちが、「当時の夢を叶えよう」とはじめるケースが増えています。実は筆者もその一人。子どものころ漫画の「まりちゃん」シリーズを読んで育った世代です。今の40代後半あたりの中には、同じように当時憧れを抱いた人が多いことでしょう。たぶん。
  • バレリーナの必需品「トゥシューズ」は何でできてる?分解して調べてみた!
    バレリーナの象徴である「トゥシューズ」。つま先だけで体重を支えられる特殊な靴なので、よく「木」や「金属」などの硬い素材でできていると思われていますが、実は違います。今回「トゥシューズって何でできているの?」という疑問に答えるべく、完全に履きつぶしたトゥシューズを分解してみました。長年トゥシューズを履いている筆者でも「こんなものが入ってたの?!」と驚く結果に……!
  • バレエ発表会のギフトアイデア!先生・ゲストダンサー・出演者へのおすすめプレゼントを紹介
    バレエの発表会では、先生やゲストダンサーに対して感謝の気持ちを込めてギフトを贈ることが多々あります。しかし、ギフト選びって案外悩みませんか?そこで、SNSのアンケート機能を使って、バレエ経験者におすすめのギフトアイデアを尋ねてみました!定番ギフトであるお花以外にも「確かにこれはバレエダンサー・先生に良い!」というギフトアイデアが集まりました。ぜひ、ギフトに悩んだときの参考にしてください!
  • 【バレエと生理】レッスンや本番と生理が重なったときの工夫を経験者に聞いてみた
    女性がバレエをするうえで、生理時の不安は避けて通れません。今回Instagramの質問機能を使って、バレエ経験者に生理とレッスンやリハーサル、舞台本番が重なったときの工夫を尋ねてみました。アンケートに寄せられた意見には、ナプキン、タンポン、その他の生理用品をクラスレッスン・リハーサル、舞台本番と使い分けていることが分かりました。中には低容量ピルなどで生理自体をコントロールする人も。
  • 4月29日は「国際ダンスデー」 日常にダンスを取り入れる方法を考えてみた
    日本では祝日「昭和の日」として知られている4月29日。文化芸術面では「国際ダンスデー」という記念日が制定されています。筆者はバレエ歴20年超えのライター。国際ダンスデーの由来を解説しつつ「普段ダンスに関わりのない人がダンスを日常に取り入れるには?」ということを考えていきます。

編集部おすすめ

  1. 画像提供:大銀醸SSSさん(@daiginjo)
    露出の激しい女性の写真などが掲載されている成人向けの雑誌、通称「エロ本」。以前は自販機でも販売されて…
  2. アニメ「バーテンダー 神のグラス」がコンセプトの「BARTENDER’S BAR HIBIYA」オープン
    アニメ「バーテンダー 神のグラス」の世界観がコンセプトの「BARTENDER’S BAR HIBIY…
  3. 謎のグーパー遊び
    愛猫との「謎の遊び」で簡単に時間をとかしてしまったのは、エキゾチックショートヘアのひるねくんの飼い主…
  4. ビックリマンとコラボした「【推しの子】マンチョコ」発売!シークレットで作品の光と影を表現
    ロッテの「ビックリマン」と、7月に第2期が放送予定のアニメ「推しの子」とのコラボが実現。6月4日より…
  5. マクドナルド「大人が恋するてりやき」
    マクドナルドから新メニュー「香ばし醤油マヨたまごてりやき」と「旨辛 チーズてりやき」「ガーリックバタ…
  6. スイカゲームの新作カプセルトイはアクリルマグネット 全7種が登場
    人気ゲーム「スイカゲーム(R)」の新作カプセルトイ、「スイカゲームアクリルマグネット」が株式会社キタ…
  7. 画像提供:おもちさん(@omochiomoching)
    最愛のペットと暮らす飼い主さんにとって、一緒にいる時間はかけがえのないもの。それを写真に残しておきた…
  8. 画像提供:黒猫こんぶの飼い主さん(@konbu0330)
    飼い主さんの帰宅は嬉しいはずなのに、ふるえるほど怖い顔でお出迎えをしたのは黒猫のこんぶくん。まるで猛…

提携メディア

ページ上部へ戻る