おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

投稿者プロフィール

梓川みいな看護師(正看護師有資格者)

梓川みいなの記事一覧

  • 画像提供:友子ちゃんとお兄ちゃん・ねこ&フェレット(@2oniTomo)さん

    掃除機ライダーな猫の運転ミスが話題 まさかの事故に可愛いの大合唱

       
    ロボット掃除機に乗る猫ちゃんがツイッターに投稿され、大きな反響を呼んでいます。 ロボット掃除機に乗っているダンボール箱、少しサイズが大きいのと重心がずれている様子。そんな事はお構いなしに乗っているのは、6匹の猫のうちの長男クラスであるティノくん(6歳)。他の猫たちが興味津々でロボット掃除機を見ているなか、ティノくんは箱の中でロボット掃除機の動きを楽しんでいますが、ロボット掃除機が数回向きを変え、動き出したところ……ちょっと箱から体を乗り出し気味だったティノくんが盛大に転げ落ちてしまいました。この様子に、見た人みんな虜になっている状態。思わぬアクシデントに「爆笑しちゃいました」「何回見ても笑えるwww」などなど、国内外からリプライが続々と付いています。
  • 20年くらい歯医者さんに行かなかった結果 なるあすく(@naruasuku)さん提供

    20年くらい歯医者さんに行かなかった結果……顎の骨も溶ける大惨事に

       
    「特に困っていなかったから」と、15歳ごろから20年間歯周病を放置してしまった結果、重度の歯周病となってしまった漫画家が自身の経験を漫画にしてツイッターに投稿しています。 食事の時などに歯ぐきから時々出血する程度の状態で慣れてしまっていたがために、特に気にもせずに放置してしまった結果、重度の歯周病に。虫歯は全くなかったのに、右上の一番奥の歯の土台となる顎の骨が溶けかけてしまっていたがため、健康な歯を1本抜かざるを得なくなりました。 また、歯科医から肝臓も悪くなっている可能性があると言われ、内科へ。その結果、重度の脂肪肝と診断され、長期に及ぶ治療とダイエットを行う事となりました。
  • スヤァと眠るポン・デ・ニャイオン!? いい具合のクッションで可愛さマシマシ 波乗りサンバ(@torotta3)さん提供

    スヤァと眠るポン・デ・ニャイオン!? いい具合のクッションで可愛さマシマシ

       
    犬や猫がケガをしたときに付けるエリザベスカラー。しかし付けられる当猫にとっては邪魔そのもの。しかし、ポンデリング状のクッションの穴を頭に通してみたところ、すっかり馴染んでクッションを枕にして寝る様になりました。
  • っポイ!(@Poi_son_i_am)さん提供

    約1年で10倍のビフォーアフター 猫の成長っぷりにネット民笑撃!!

       
    ミヌエットという猫種のポイくん、約1年で体重が450gから4.5Kgにまで成長しました。そのビフォーアフターな写真がツイッターに投稿され、見た人たちは笑いと衝撃に包まれています。 現在のポイくんでは今のキャリーは小さい様子。キャリー=病院へ行くという事も覚えてしまい不満げな顔をしていますが、入ってしまえば落ち着いてしまうとの事。
  • みにら日記さん(@minira_diary)

    小さなリアル猫バス! 可愛すぎて「ずっと乗車していたい」

       
    「となりのトトロ」でおなじみの猫バスの着ぐるみを着た子猫がとても可愛らしいと大きな話題になっています。 着ぐるみは飼い主さんの手作り。着ているのは、生後7か月のミヌエットの子猫のみにら君。 ツイッターに投稿された猫バス姿のみにら君に、多くの人が可愛い!乗車希望!といった声があふれています。
  • 授乳時に不快感って私だけ?一人で悩まないで「不快性射乳反射」(D-MER)かも

       
    授乳時に様々な不快感を引き起こす「不快性射乳反射」(D-MER)という状態。2007年に定義されたばかりでまだ大規模な研究もあまりない為、意外と知られていない症状ですが授乳時の9%がこの状態に陥ると言います。産後うつや愛情がないというわけではなく、ただ授乳時に不快感が強く起こるというD-MER。無理に母乳を授乳するよりもミルク育児に切り替えてしまった方が、父親も育児に参加でき良い側面もたくさんあります。
  • 【看護師コラム】「食前・食間・食後」 薬はどのタイミングで飲むのが正解?

       
    薬の「食前・食間・食後」と「頓服」について説明しています。「食前」は食事の30分前までの服用を、「食間」は食事の約2時間後に服用、「食後」は食事の30分後までに服用する事が望ましいです。 漢方製剤は大半が食前の指示ですが、これは空腹時に飲む事で薬の吸収を良くする事を考えられて指示されています。
  • 食物をのどに詰まらせたら一刻も早い処置を 救急アドバイザーが指南

       
    お餅による窒息事故がダントツに増える1月。もし窒息してしまった時の対処法を「JRVC救急アドバイザー」ツイッターアカウントの中の人に教えてもらいました。 掃除機で吸うよりも、両肩甲骨の間を思いっきり叩くという「背部叩打法」を勧めています。もちろん、救急車も。
  • 疫病退散を願って リンゴ1個でできた赤べこがめんこい!

       
    1個のリンゴを切って組み立てた赤べこがツイッターで紹介され、注目を集めています。2021年の干支の丑でもあり、「厄除け牛」や「幸運の牛」とも言われている、魔除けや疫病除けの縁起物でもある赤べこは福島県会津地方の郷土玩具。 お正月のお節料理にも添えてみたい、可愛らしいリンゴの赤べこです。
  • お薬手帳のデコレーションには気を付けて! 使っていいものダメなもの

       
    お薬手帳のラメ加工などのデコレーションが流行っているようです。しかし、薬局ではそのデコレーションが取れたり、ラメが手に付くなどで困る事も。特に細かいラメは舞い上がって他の薬に入り込むなどの異物混入の危険性も生まれます。そうしたことが起こらないよう、デコレーションの際には工夫し、気を付けることが重要です。
  • 湿布なのに胃に穴が開く!? ロキソニンの湿布は貼りすぎちゃダメ

       
    以前、モーラステープという湿布薬を正しく使わなかったために光線過敏症になったという話が話題になりましたが、実はロキソプロフェンテープ(ロキソニンテープ)も、使いすぎて胃に症状が出る事があります。中には、真っ黒な便が出たと思ったら胃に穴が開いていた、という使い過ぎの症例も。一度に何枚も体に貼るのは止めて、医師と相談して、用法用量を正しく使う事が肝心です。
  • 猫あるあるな遊びのスタイル? 「ソファーの下におもちゃを即in!」

       
    猫あるあるな漫画を描いているキュルZさんがツイッターに投稿した、猫おもちゃをソファーの下から出すとまるでエアーホッケーのごとくはじき返されてしまうという内容。猫の遊びあるあるな上に、ソファーの下に再び入れられてしまうという状態に共感する猫の飼い主も少なくないようです。
  • 猫にとってユリ科植物は猛毒 獣医が警鐘

       
    ツイッターでとある獣医師が、「猫にとってユリ科の植物は一口でも口にすると命にかかわる」旨の情報をツイートし、猫を飼っている人を中心に大きな反響を呼んでいます。 猫の中には植物をかじってしまう子がいるので、観葉植物は極力置かないようにする、家庭菜園ではアボカドやトマト、ナス、なかでも果実より葉や茎の方が危険との事。 強い芳香を放つものも呼吸とともに肺から血液中に吸収され、肝臓で解毒できずに中毒症状を起こす場合がある軒を付けた方がよい。
  • 実習先の病棟の看護師さんへ 慣れちゃいけない「学生の挨拶を無視」

       
    内科系病棟で医師が見た、看護実習生の挨拶を詰所内の職員たちが無視する光景。「挨拶、ちゃんと届いているよ」とジェスチャーを送ったら学生たちがびっくりしていたようです。 どうやら学生たちも挨拶無視には慣れてしまっている様子。しかし、本当にこのままでよいのでしょうか? 忙しい合間を縫って学生の実習の対応をするのは正直しんどい部分もあります。しかし、それで挨拶を無視するというのは違うのではないでしょうか。
  • 人間の「妹」に定位置を譲る猫 「ボクお兄ちゃんだから!」

       
    猫のむぎ君は、後から生まれてきた人間の妹にとても優しく、自分が今まで定位置だったママさんの膝の上も文句も鳴かずに赤ちゃんの妹に譲ってきました。 ある日、妹である娘ちゃんがパパさんと一緒にいたところ、入れ違いでむぎ君は「定位置」へ。思う存分ママさんの膝の上でのなでなでを堪能しているところがツイッターに投稿されました。 普段から我慢して譲っているという事を感じ、むぎ君の優しさにほろりとする人も続出しているようです。
  • 整体師さん伝授! デスクワークで正しい姿勢を無理なく保つ方法

       
    姿勢が悪いと首や肩の凝りから背中や腰痛が出てしまいます。ツイッターで整体師さんに教わったという方法がイラストで紹介されており、悪い姿勢の例と良い姿勢の例が描かれています。 悪い姿勢は、背筋が伸びておらず体が丸まっている状態。頭は体の8~10%の重さがあるので、悪い姿勢は首や肩から全身を痛めてしまいます。 良い姿勢にするように椅子にクッションを当てたり、足台を工夫するなどで体の姿勢が良くなり、痛みの原因を取り除くことができます。
  • ペットを飼うならお金と心の余裕を 家族の一員を手放さないために

       
    ペットを飼うという事は、お金にも精神的にも余裕がないと難しい事です。猫に限って言えば、身の回りに必要な物からワクチン代、去勢・避妊手術、突然のけがや病気などでの医療費などで万単位のお金を使う事になります。 さらに、抜け毛や糞尿・粗相の始末、よく吐く子はその対策などと手間もかかり、精神的な余裕がないとそういった事にも手が回らなくなります。 ペットを安易に飼わないで、人生のパートナーとして考え、自分よりも弱い命を大切にしていってほしいと思います。
  • 猫は健康に良いらしい? 猫を保護して暮らした結果……

       
    「こぐまのケーキ屋さん」シリーズが人気の漫画家のカメントツさん家には保護猫が2匹。原稿作業中に2匹の猫たちが適度に邪魔をしてくる事で、カメントツさんは作業に集中し過ぎることがなくなり、適度に休憩をはさむ事ができる様になったそうです。片や若い保護猫、片や推定15~6歳と思しき老猫たちは、喧嘩することもなく程よく作業を邪魔してくれるようですよ。
  • 小児科ならではのナースコール 「にんじんさんのこしていいでしゅか?」

       
    小児科病棟で働いている看護師・もちださんが受け取った2歳半の女の子からのナースコールが可愛らしく、ほっこりとさせてくれます。その内容は、「にんじんさんのこしていいでしゅか?」。可愛さに悶えながらも「食べてください」と思わずにはいられないもちださんなのでした。
  • 善意からくる余計なお世話 困っている人には「根拠と寄り添い」が大事だよね

       
    不登校やパニック障害などの特性を持つ息子の様子と、母親として息子とともに歩んでいく内容を漫画にしている花森はなさん。特性を理解しながら常に最善を考えているのですが、周囲からは「善意の押し付け」が多くあったとの事。その内容も、どう信じたらいいのか怪しげなものが多く、とは言え善意と分かっているので無下にもできない。そんな葛藤、苦しさを8ページの漫画にしてツイッターに投稿しています。

編集部おすすめ

  1. 吉野家公式Twitter(@yoshinoyagyudon)より
    本日Twitter上では11月29日イイニクということで「#いいにくいことをいう日」というハッシュタ…
  2. 画像提供:マシンガンズ滝沢さん(@takizawa0914)
    ゴミ清掃員の仕事も行っている、マシンガンズの滝沢秀一さん。11月24日にゴミ清掃員ならではの視点で、…
  3. 名刺交換がモチーフのボードゲーム「斎藤vs中村」(Albatross Board提供)
    社会人になると経験する名刺交換。そんな名刺交換の駆け引きをモチーフにしたボードゲーム「斎藤vs中村」…
  4. サービス終了を伝える「ウォーキング・デッド:我らの世界」公式サイト(スクリーンショット)
    2022年11月24日(現地時間)、人気テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」のAndroid/iO…
  5. 画像は週刊コロコロコミック公式Twitterのスクリーンショットです
    無料の漫画配信サイト「週刊コロコロコミック」で11月28日、こしたてつひろさん原作の漫画「炎の闘球女…
  6. キャラクターグッズの中では恐らく最高額級であろう、販売価格1億円(消費税別)「ベルサイユのばら」マリ…
  7. 画像提供:ぬこー様ちゃんさん(@nukosama)
    電車を利用する人なら誰しもが欲しいと願う「能力」を漫画にしたのは、漫画家のぬこー様さん。その能力とは…
  8. 画像はKeisuke Hondaさんの公式Twitterのスクリーンショットです
    ABEMAで放送されたワールドカップの日本対ドイツ戦で、解説者として出演した本田圭佑さん。その際、選…

新着記事

  1. 拾い画のSNSアイコン利用はOK?NG?子どもへのネットリテラシー教育の必要性
  2. 毛糸玉のカプセルと戯れる「子猫と毛糸玉」カプセルトイ発売!
  3. 抱っこすると飼い主が隠れてしまう「でかポメ」のでっかわいい姿。
  4. 全国イルミネーションマップ 2022」
  5. 画像投稿:BUSTER BOOTHさん(@BUSTER_BOOTH_)
ページ上部へ戻る