テレホーダイ……今から20年以上前1995年夏に開始されたNTTの固定電話向けのオプションサービスの名前ですが、今の人は知らない名前かもしれませんね。

 90年代に登場したこのサービスはインターネットユーザー、特に当時をリアルタイムで体験した人たちの青春の1ページであったと思えるのです。

 この懐かしい名前のオプションサービスが2023年9月に受付を終了し、2024年1月にサービスを終了することが決定しています。今回はこのサービスについて少しだけ当時を体験した筆者がお話をさせていただきます。

■ 当時のネットユーザーにとっては「神」サービス

 電話料金が定額制なんてものが存在しない時代に、夜23時~朝8時までの時間帯に限り定額で指定の番号に関しては通話し放題になるというサービスで、本来はネット利用のためだけに存在したサービスではありませんでした。

 まあネットユーザーからすると本当にありがたいサービスで、この指定の番号にプロパイダーから提供された接続先を指定するのがテレホユーザーのお決まりでした。

 ちなみに1995年って何があったかな、と考えていたのですが一番大きな話題は「Windows95」が発売開始されたことですね。

 インターネットというか、その前の時代では「パソコン通信」と呼ばれていまして、ネットワークサービスはすでに存在していましたが割と敷居が高く高額な利用料金と通信費用がかかるため一部のコアユーザーしか利用していませんでした。

 また今でこそネットカフェは至る所にありますが、この時代はそんなものは存在しておらず、筆者は学生時代のフィールドワークで日本初のネットカフェを取材したことがあり、これからインターネットの時代だなあとか思ってました。

 「Windows95」の発売により一般ユーザーにグラフィカルなGUIの提供やネットワーク機能の大幅な改善などが施され、秋葉原の電気街でこの最新型のOSを行列を作って買い求めるパソコンユーザーの姿が連日メディアにて報道されたのを記憶しています。

 筆者の肌感覚では「Windows95」は起爆剤としての役目を果たし、三年後に登場する「Windows98」で本格的に火がついた、と思っていますがそれでもこの「Windows95」の登場はセンセーショナルな驚きがあったんですね。

 あと有名どころとしては「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年10月4日放映開始)が放映された時代でもあり、この時代は実は色々なエンタメ、サブカル、そしてサービスの転換点となった年にもなっています。当時は全く気がついていませんでしたが、Amazonがアメリカでオンライン書店としてのサービスを開始した年もこの年なんだそうです。

■ 「テレホに入れ」が合言葉

 当時はブロードバンドなんて言葉は存在せず、みんなパソコンに増設(もしくは内臓)されたモデムを電話回線に繋いでインターネットに接続をしていたため、通常の通話料金が掛かっていたため長時間の接続は御法度。電話料金が上がってしまうと親に怒られてしまう……なんて家庭も多く存在していました。

 夜の間だけ定額料金になるということで、インターネットを利用するならテレホーダイは必須と言われ、あらゆる指南本、ネットに詳しい人などに聞くと「テレホに入れ」が合言葉だったように思えます。

 電話回線を利用しているため、インターネットに接続すると家庭用電話が使えなくなる(複数回線があれば問題なかったですが、当時の回線開設料金が大変高額でした)ため、昼間にインターネットを見るのは割と憚られ、テレホーダイの時間を使って一生懸命にネットサーフィン(これももう死語ですね)をしていた人も多くいるのではないでしょうか。

 とはいえ、インターネット接続中に電話がかかってくると場合によって回線が切れたり、使用中は電話が使用できないと親から小言を言われたりすることも。そんな困難を1つ1つ乗り越え、当時はインターネットを楽しんでいたのです。

 当時あるあるですが、ウイルスや悪意ある改変によってモデムの通信先の番号を切り替えられ、翌月に莫大な通信費用を請求された経験、この時代にインターネットを楽しんでいた人なら一度は体験しているかもしれません。

 ちなみにテレホーダイの料金は2022年現在で1980円~3960円と割と高額な金額になっていまして、現時点ではADSL、光回線の方が割安感がありますがこのサービス自体がここまで延長されているのは、諸事情あってサービスを利用している世帯がまだあったから、だと聞いています。

■ インターネット黎明期を支えたサービスへ感謝

 27年という長きにわたってサービスを続けてきたテレホーダイ……まだ従量課金がメインだった時期に定額制という新しい価値観を持って登場してきたサービスが終了します。

 ここ数年、定額制のサービスは数多く登場し、今では携帯電話料金の定額や、低価格化などが叫ばれるような時代になってきました。光回線が当たり前で超高速通信網が敷設され、スターリンクのように衛星通信まで実現されている時代になってきています。

 この27年という時代の流れは我々の生活をより快適に、高速にしていますが今後どのような驚きが出てくるのか本当に楽しみです。今盛んに叫ばれているDXが進むにつれて、どんな時代になっていくんですかねえ、予想が全然つかないや。

 ひとまずは長きにわたりインターネットユーザーを支え続けてきたテレホーダイのサービスはあと一年となりました……本当にお疲れ様です。数多くのユーザーが愛したインターネット黎明期を支えたサービスへ感謝の意を捧げたいと思います。

※初出時、タイトルで「サービス停止」としておりましたが「サービス終了」に変更いたしました。(更新:2023年1月5日16時)

<参考・引用>
NTT東日本「テレホーダイ」ページ
※画像はサービスページのスクリーンショットを使用しております。

(上村健太郎)