加熱式たばこ「IQOS ILUMA(イルマ)」の専用たばこスティックのテリアから、2月7日に新フレーバー「テリア ブラック パープル メンソール」が発売。同日、そのフレーバーをさらに引き立たせるコーヒーやプチスイーツとのマリアージュ体験などができるメディア向けの取材会が開催されたので行ってきました。

 

 取材会が開催されたのは、IQOSストア銀座。店内は広々としていて木目調のおしゃれなデザインになっており、タブレットなどを使い落ち着いてのんびり自分好みのフレーバーを探したり、IQOSをカスタマイズしたりすることができる雰囲気となっています。

IQOSストア銀座店

 取材会が開催されたこの日は、新フレーバー「テリア ブラック パープル メンソール」の発売日とあり、それに合わせた陳列が行われていました。

八木崇文さん

 取材会で店舗や商品の説明を担当したのは、フィリップ モリス ジャパンのブランドリテールマネジャー・八木崇文さん。

 八木さんの話によると、トレーやテーブルなどには強メンソールを表現した氷の世界の絵や、ダークベリーをイメージさせるような紫の色彩を施したそうです。お客さんが興味を持ちやすくなるような演出を意識しているとのこと。

強メンソールを表現した氷の世界の絵

ダークベリーをイメージさせるような紫の色彩

  IQOSストア銀座の2階には、「IQOSシグネチャー・カフェ」が併設されています。こちらではそれぞれのテリアスティックのフレーバーに合った、ドリンクやプチスイーツが無料で楽しめるようになっています。(カフェの利用はIQOSPHERE会員とその同伴者限定)

「IQOSシグネチャー・カフェ」

 2月7日からは「テリア ブラック パープル メンソール」向けの、スレイヤー コールドエスプレッソやカヌレが提供されています。一緒に楽しむことでフレーバーがさらに引き立つとのこと。今回は、この2品の試飲と試食をさせていただきました。

スレイヤー コールドエスプレッソやカヌレ

 スレイヤー コールドエスプレッソは簡単に言うとイタリア版のアイスコーヒー。上の方が泡状になっていて、飲んでみるととてもクリーミーな味わいがしました。また、ブラウンシュガーも入っているためほのかな甘みも感じられます。ブラックコーヒーが苦手な人も、もしかしたら飲めるのではないでしょうか。

スレイヤー コールドエスプレッソ

 八木さんによると、ミルクが一切使われておらず、コーヒー豆の本来の味わいが堪能できるとのこと。さらにこのクリーミーな部分が舌にまとわりついて、強メンソールを吸った時に、また新たなマリアージュが生まれると話していました。なお、今回は取材会のためグラスでの提供でしたが、コロナ感染拡大防止の観点から実際にはプラスチック容器で提供されます。

コーヒー豆の本来の味わいが堪能できる

 次に「テリア ブラック パープル メンソール」の特徴でもある、ダークベリーをコンセプトに開発された一口サイズのカヌレは、ベリーソースのほどよい酸味がしっとりしたカヌレの甘みとマッチしていて、とても美味しかったです。これが一般販売はされていないとは……。

一口サイズのカヌレ

 今回、試飲させていただいたスレイヤー コールドエスプレッソは、一部のIQOSストア(札幌、銀座、梅田、心斎橋、広島、福岡)で、カヌレは前述の6店舗に原宿店を加えた7店舗で提供されます。カヌレについては「無くなり次第終了で1週間~3週間程度、提供する」とのことでした。

 取材会後、いただいたメディア向けキットの「テリア ブラック パープル メンソール」を試してみました。比較用に、以前から発売されていた「テリア パープル メンソール」も用意されていたので参考までに吸い比べることに。

「テリア ブラック パープル メンソール」と「パープル メンソール」

 従来からある「テリア パープル メンソール」は芳醇な香りと艶やかな爽快感が特徴。封を開けた瞬間からベリーの香りが漂ってきます。吸ってみるとアロマの感じが強いですね。吸い終わったあともほのかに口の中に香りが残り、ほどよい余韻を残します。

「テリア パープル メンソール」

 一方の「テリア ブラック パープル メンソール」は強メンソールと、ダークベリーの香りが特徴。吸ってみるとベリーの香りも「テリア パープル メンソール」と同様の濃厚ベリー感はあるものの、メンソールをとても強く感じます。いままで「テリア パープル メンソール」でメンソールの物足りなさを感じていた層には好まれそう。

新フレーバー「テリア ブラック パープル メンソール」

 なにより、二つの違いはメンソールの爽快感。これは半端なかったです。「テリア パープル メンソール」がほどよい爽やかさなら、「テリア ブラック パープル メンソール」はほどよい刺激。

 「テリア パープル メンソール」と「テリア ブラック パープル メンソール」は、同じベリー系でも個性がことなるので、ベリー派の人は吸い分けて楽しむのもありかもしれません。

取材協力:フィリップ モリス ジャパン合同会社

(取材:佐藤圭亮)