まるでフクロウやミミズク、小トトロ……とその姿をさまざまな生き物に例えられたのは、サイベリアンの子猫、鉄太くん。

 キャットタワーの上で小ぢんまりとたたずむ様子を飼い主さんがパシャリ。「なんかまるいのおる……」と称された鉄太くんのキュートな姿にはツイッターで4万件を超える「いいね」が付くなど、多くの方が心をつかまれた模様です。

 現在生後2か月、やんちゃで遊ぶことが大好きという鉄太くんは、最近になってようやくキャットタワーの上に登れるようになりました。高いところからの見晴らしを気に入っているのか、最上部でたたずむ姿はたまに見かける光景なのだとか。

思わず二度見してしまいそうなまるまるとしたフォルムの鉄太くん

 まだ子猫ということもあり、普段から立っている姿はタヌキのようなフォルム。いつもまんまるでコロコロしているそうですが、当時は特にそのフォルムが際立っていました。

 加えてジッと飼い主さんを見つめ、何かを訴えかけているかのようなこの表情。愛しさを感じた飼い主さんは、思わず写真に収められずにはいられなかったそうです。

 見る人によってその姿が異なって見える鉄太くんの姿には「マトリョーシカ」「だるまさん」と生き物以外にも例える声が寄せられており、ツイートの返信欄は大喜利のような状態となっています。

 大きな反響に対して飼い主さんは「ツイッターも始めたばかりでとても驚きました。かわいいてっちゃんを色んな人に見てもらえてうれしかったです」とコメント。長い時間をかけてゆっくり成長すると言われるサイベリアンですから、これからどんな姿を見せてくれるのか、とても楽しみですね。

<記事化協力>
鉄太さん(@tetta_neco)

(山口弘剛)