生後2週間で捨てられていたところを、現在の飼い主さんに保護された白猫のマオくん。現在は、とっても元気に暮らしています。しかし、ある日ハプニングが発生!なんとカーテンから出られなくなってしまったのです。

 保護されてからのマオくんは、沢山の愛に包まれてすくすく育ち、やんちゃな性格から甘えん坊な性格までこの頃は色んな顔を見せているようです。飼い主さんのことはもちろん大好き。また、最近では先住猫のメルくんのマネをして窓の外を眺めることが多いのだとか。

 そんなマオくんの前に現れた思わぬ敵?がカーテン。いつものように窓際で外を眺めて部屋に戻ろうとしたその時、前に進もうとするもカーテンが顔にかかって前が見えず、思うように進めなくなってしまいました。

カーテンから出られなくなってしまった

 あと少し前進すればカーテンも取れるのですが、前が見えなくて怖いのか戻ってしまいます。何回も前に進もうと頑張るマオくん。可愛すぎて抱きしめたくなります。

何回も前に進もうと頑張るマオくん

 飼い主さんによると、出られなくなったのは今回が初めてとのこと。この時も自分でカーテンの向こう側に行ったものの、なぜか出てこられなくなってしまったのだとか。あらためてTwitterに投稿された動画を見てみると、「あれ?なんでだろ?」という声が聴こえてきそうです。

 普段は簡単に出たり入ったりしているため「何をしているの?」と、愛猫のお茶目な姿に思わず笑ってしまったとのことです。この動画には「エンドレスで動画再生しちゃう」「可愛すぎて……息止まって天に召されるかと思いました」などのコメントが寄せられています。

 ちなみに今回の動画の完全版を見たいという人は、「めるにゃんちゅーぶ《mel nyan tube》」というYouTubeチャンネルで動画が公開されているので、見てみるのも良いかもしれません。

<記事化協力>
めるちょとまおまおさん(@meltube_cat)

(佐藤圭亮)