「いろんなポージングで散歩拒否をする犬」と飼い主から紹介された柴犬のゆきみちゃんは、普段から個性豊かな表情を見せる白柴の名女優。この日も、アスファルトの上に寝っ転がってごねつつも、「凛として芯がある」姿を見せています。

 飼い主さんがTwitter上にて紹介した2枚の写真には、道路のアスファルトの上で、横たわって“抗議”をしているゆきみちゃんが写っていました。

 ゆきみちゃんは、飼い主さん曰く「よく言えば『凛として芯がある』、悪くいうと『頑固者』」という性格。今回の写真からも、凛としている一方で頑として譲らない強さを感じさせます。まさに「凛として芯があるけど頑固者」。

 しかしながら、「凛としている」のに、実は散歩拒否で「ごねている」……というアンバランスな光景には、飼い主さんも大いに“ツボ”を刺激されたそう。「だいぶ優雅にくつろいで歩行拒否しているのが面白く投稿しました(笑)」と投稿したきっかけを語っています。

 ちなみにゆきみちゃんは、アスファルトの上がお気に入りのご様子。飼い主さんの別の投稿では、気持ち良すぎてそのまま眠りについている姿も披露しています。

 そういえば筆者が以前飼っていた犬も、お気に入りのアスファルトに行くと、横たわってくつろぎはじめ、そこから微動だにしませんでした。どうやらワン国共通の仕草のようです。とはいえ、これからは暑くなる季節なのでしばらくお預けかも?

 そんなゆきみちゃんですが、日常生活から個性豊かなポージングを披露する「名女優」。

 「天然なのか笑わせるのかどっちなんだろうと思っています(笑)」という飼い主さんにより、TwitterとInstagramで紹介されています。

<記事化協力>
柴犬ゆきみさん(Twitter/Instagram:@yukimi_shiba)

(向山純平)