神奈川県厚木市にあり、ph9.0以上の強アルカリ美肌の湯が自慢の温泉旅館「七沢荘」には、人間だけではなく、野生の鳥も訪れているようです。しかも、よっぽど居心地が良かったのか、なんと近ごろ巣を作ってしまいました。

 七沢荘の公式Twitterは7月13日、「そんな事ある?!」とビックリした様子で1枚の写真を投稿しました。写真には窓と網戸の間に鳥の巣があり、巣の中には3~4羽くらいのヒナが写っていました。こんな狭いところに巣を作ってしまうなんて……。これは本当に「そんな事ある?」と言ってしまいますね。

 七沢荘の公式Twitterに問い合わせてみると、巣を見つけたのはツイートした日の7月13日。七沢荘の従業員さんが客室掃除中に発見したそうです。

 巣があった場所には、よく見ると鳥1羽分が出入りできそうな隙間があり、親鳥はそこを通って巣を作ったみたいなのですが、今までこの場所に巣が作られたことはなく、初めての出来事にとても驚いたとのこと。親鳥もこんな場所に巣を作ってしまうなんて器用ですね。

 また今後は、巣を移動させたりすると育児放棄などの懸念もあるので、「巣立ちまで見守って、巣はその後に撤去しようと思います」と教えてくれました。なんという優しい世界……。

 ちなみに、こちらの客室はそれまで使わないようにする予定のため、お客さんは残念ながら巣を直接見ることはできないそうです。ヒナ鳥たちが無事に巣立つのを、みんなで祈りましょう。

<記事化協力>
温泉旅館 七沢荘さん(Twitter:@nanasawasns / HP:nanasawasou.jp

(佐藤圭亮)