スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」の劇中で、千尋たちを銭婆の家まで案内してくれたあのカンテラランプが「千と千尋の神隠し 道案内のカンテラ」として登場します。価格は税込8800円。

 ベネリック株式会社より12月末に発売予定。発売に先駆け7月22日より全国のどんぐり共和国店頭やオンラインショップそらのうえ店にて予約受付がスタートします。

 本商品は「千と千尋の神隠し」の映画公開20周年を記念して作られたもので、千尋やカオナシたちが、沼の底にある銭婆の家を訪れる際に、道を照らし案内をしてくれた「カンテラ」をモチーフにした商品です。名前こそあまり知られていないキャラクターながら、その特徴的なフォルムから印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

 劇中では千尋やカオナシと同じくらいの大きさで描かれていたカンテラを、自宅でも使いやすい高さ約31cmのサイズにミニチュア化。

 ランプ部分は取り外しが可能で揺れると灯りが付き、ロウソクの炎のように強弱をつけて揺らめきながら光る仕様になっています。また、インテリアランプの台座の底には、「千と千尋の神隠し」20周年記念オリジナルロゴの刻印も施されています。

 その他7月22日より「千と千尋の神隠し SEIKO 20周年記念限定モデル」の腕時計も発売予定です。「カオナシ赤」「ハク竜」とどんぐり共和国限定モデル「カオナシ黒」「ハク」の4種類で、価格はそれぞれ税込1万5400円。文字盤に各キャラクターがデザインされた特別なアイテムになっています。

情報提供:ベネリック株式会社