ロボット掃除機は自動で部屋を綺麗にしてくれる便利な道具。しかし、それ以外の用途で使うには無理があるようです。マンチカンのまおくんは、ロボット掃除機に乗りながら「ある事」に挑戦しようとしたのですが、見事に失敗してしまいました。

 その「ある事」とは食事。まおくんの飼い主さんは自身のTwitterで「ロボット掃除機に乗りながらごはん食べようとして失敗するマンチカンです」とツイートし、その様子を撮影した動画を公開しました。

 ロボット掃除機を見事に乗りこなす、まおくん。ロボット掃除機がカリカリが入った容器に向かって動いていきます。到着すると、上に乗っていたまおくんは、容器の中のカリカリを食べようとするのですが……ロボット掃除機はくるり。回転して進路を変更。

 絶妙のタイミングで、まおくんはカリカリが食べられませんでした。なんだかコントを見ているようです。

 最初はロボット掃除機を怖がって少し距離を置いて見ていたという、まおくん。しかし、徐々に慣れていき、今ではロボット掃除機のブラシ部分にじゃれたり、時々乗ったりして遊んでいるとのこと。

 さらにロボット掃除機が起動すると遠くからでも音を聞きつけて走って来たり、ロボット掃除機が充電スポットに戻るのを阻止したりして遊ぶこともあるのだとか。もしかしたら、まおくんとロボット掃除機は親友のような関係なのかもしれないですね。

 ちなみに、ロボット掃除機に乗ったままごはんを食べたことは今まで無いそう。そのため飼い主さんも「もしかしてこのまま食べるのか?」と期待して見ていたようです。結果は残念ながら失敗……。まおくんには、また挑戦してもらいたいですね。

 この投稿には2万5000件以上のリツイートと、9万件を超えるいいねが付き、「掃除機にいじわるされちゃっているみたいですねw」「ロボに翻弄される猫かわよ♪」「こりゃタイミングがシビア過ぎるよw」など多くのコメントが寄せられ、動画を見た人たちを楽しませています。

<記事化協力>
まお ブルーしっぽの短足マンチカンさん(@chanmaochan1)

(佐藤圭亮)