アメリカ宇宙軍は2021年6月17日(現地時間)、次世代GPS衛星「GPS III」の5号機がスペースXのファルコン9ロケットにより、フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地から打ち上げられたと発表しました。5号機は最新のGPS衛星による軍用コード(M-Code)の機能を満たす最後の衛星で、これにより完全運用能力を獲得します。

 GPS IIIは全部で10機が計画されている次世代GPS衛星シリーズで、従来より3倍の測位精度、そして電波障害には8倍強いという性能を誇ります。現代の軍事作戦では、精密な攻撃を実現するために正確な目標の位置を把握することが求められているほか、サイバー攻撃や電波妨害にも強い測位システムが求められており、GPS IIIはその要求に応えるため、ロッキード・マーティンが主契約社となって計画が進められてきました。

 5号機(SV05)の打ち上げは、2020年11月に打ち上げられた4号機(SV04)に続くもの。打ち上げロケットは4号機と同じく、スペースXのファルコン9ロケットとなりました。


 現地時間(アメリカ東部標準時)の6月17日正午過ぎ、12時9分にケープカナベラル宇宙軍基地の第40発射施設から打ち上げられたファルコン9は、およそ1時間半後にペイロードのGPS III衛星5号機を分離。打ち上げは成功しました。

 また、打ち上げから約2分30秒後に切り離された1段目は、大西洋上で待機するドローン船「Just Read the Instructions(説明書を参照のこと)」の上に見事帰還して回収に成功。打ち上げから約8分30秒後のことでした。

 打ち上げ成功を受け、アメリカ宇宙軍の宇宙ミサイルセンターで計画を統括するコーデル・デラペナ氏は「5号機の打ち上げは、軌道上に新しい能力を迅速かつ安全に提供する宇宙ミサイルセンターの能力を証明するものです。この打ち上げ成功はつい7か月前の4号機打ち上げと同時に、新型コロナウイルスのパンデミックという変化に富んだシチュエーションにおいて、チームが並行して成し遂げたものです」と語っています。

 メーカーであるロッキード・マーティンのナビゲーションシステム担当副社長、トーニャ・ラドウィグ氏は「GPS IIIの5号機を活用し、宇宙軍の測位、ナビゲーション、タイミング(正確な時間)における革新的な能力を迅速に提供することに注力し続けていきます。これに続く6号機、7号機、8号機の3つの衛星は、いつ打ち上げ期日が決まってもいいように準備が整っています」と語り、衛星の製造が順調に進んでいることもアピールしています。

 アメリカ軍ではGPS衛星の世代交代を進めており、GPS III 5号機の打ち上げによって、最新の軍用コード(M-Code)を使用可能にするために必要な24機の衛星がすべて出揃いました。これでアメリカ軍は最新のGPS能力を手にすることができます。

 新しいGPS IIIは、私たち民間での利用においても恩恵をもたらします。ヨーロッパの衛星測位システム「ガリレオ」とも互換性のある「L1C」という新しい信号も発信する能力があり、都市や遠隔地といった受信困難なエリアにおいて、より精度の高いナビゲーションが提供されることになるでしょう。

<出典・引用>
アメリカ宇宙軍 ニュースリリース
ロッキード・マーティン プレスリリース
Image:SpaceX/Lockheed Martin

※訂正:初出時、一部記載にあやまりがありました。改修× 改修○。お詫びして訂正いたします。

(咲村珠樹)