高知のアイスクリームメーカー・久保田食品株式会社の「KUBOTAの白くまくんシリーズ」に25年ぶりの新フレーバーが登場。「KUBOTAの白くまくんソーダアイス(メーカー希望小売価格:税込108円)」が販売開始となりました。

 シリーズ第1弾の「KUBOTAの白くまくんアイスクリン」は久保田食品の創業者である久保田貢一が「自分が本当においしいと思えるアイスを作り、地元の皆様に食べて頂きたい」との強い想いから、数年間の試作を経て完成させ昭和55年に発売したロングセラー商品。

 平成8年には第2弾となる「KUBOTAの白くまくん黒糖アイス」が発売されており、黒糖由来の豊かな風味と優しい甘みが人気を博しています。

 そんな人気シリーズの令和初の商品として登場したのが「KUBOTAの白くまくんソーダアイス」。販売開始前にSNSを通じてモニターを募集したところ7000人もの応募が殺到。大きな反響を呼んでいた商品です。

 KUBOTAの白くまくんシリーズならではの「サクサクとした軽い食感」、「さっぱりとしたあと味」に加え、ソーダ味ならではの爽やかな香りと味わいが特徴。暑い夏にぴったりなアイスに仕上がっているとのことです。

 本商品は全国の一部量販店・小売店、高知県内の量販店・小売店、公式オンラインショップで購入できます。

情報提供:久保田食品株式会社