人気漫画「進撃の巨人」の最終34巻が6月9日に発売。それを記念し6月9日の朝日新聞朝刊に最終巻予告の15段広告(1面広告)が掲載されました。

 「進撃の巨人」は「別冊少年マガジン」の創刊号となる2009年10月号から連載が開始された諫山創による漫画。巨人と人類との戦いが描かれたダーク・ファンタジーでコミックスの世界累計発行部数は1億部を突破。先日11年7か月におよぶ長期連載に幕を下ろしたことでも話題となりました。

 6月9日に発売となる34巻は壮大な物語が完結を迎える最終巻。最終巻発売を記念し、また今まで支えてくれたファンへの感謝の気持ちを込めて掲載された広告は諫山創先生による完全描き下ろし。最終巻の内容を告知する1ページ漫画になっています。

 広告は異世界(日本)に転生した主人公・エレンがいろいろあって巨人化したらみんなからチヤホヤされる展開に……という内容。「進撃の巨人」の単行本読者であればピンとくる演出になっており、単行本の巻末で諫山先生が続けてきた予告漫画の集大成ともいえる仕上がりになっています。

 最終巻「進撃の巨人(34)」は税込572円で6月9日より販売。連載前の幻のネーム2話分を収録した小冊子付きの「進撃の巨人(34)特装版 Beginning(税込1100円)」は書店・ネット書店にて販売。138話&最終話のネームを収録した小冊子が付いた「進撃の巨人(34)特装版 Ending(税込1100円)」はコンビニエンスストア店頭にて販売しています。

情報提供:株式会社講談社