株式会社おやつカンパニーと東海のご当地人気ラーメンのコラボ商品が登場。「ベビースタードデカイラーメン(スガキヤ スガキヤラーメン味)」「ベビースタードデカイラーメン(岐阜タンメン味)」が6月7日より企画限定商品として発売されました。価格はどちらもオープン価格(店頭想定価格:税込140円前後)で、中部エリアを中心とした一般スーパーマーケットなどで販売されます。

 1959年に「ラーメンをそのまま食べる」という発想から生まれたベビースターラーメンはおやつカンパニーの看板駄菓子。その中で「ポロポロとこぼれて食べにくい」という声がきっかけで開発されたのが麺の幅を広げて食べやすくした「ベビースタードデカイラーメン」です。

 そんな人気商品と今回コラボしたのは、東海では言わずと知れた2種類のご当地人気ラーメン。

 1つ目は名古屋のソウルフードとも言われる「スガキヤ」。1946年の創業以来、低価格で気軽に味わえると子どもから大人まで幅広く愛され続けてきた老舗チェーンです。看板商品であるスガキヤラーメンは豚骨ベースに和風出汁を合わせた伝統のオリジナルスープが特徴。

 スガキヤならではの濃厚な味わいを、豚骨のコクにさば節の和風出汁の香りと旨みをきかせたタレとパウダーのW味付け製法により表現したのが「ベビースタードデカイラーメン(スガキヤ スガキヤラーメン味)」。アクセントにホワイトペッパーの風味がきいた和風とんこつ味に仕上がっているそうです。

 2つ目は岐阜・愛知を中心に店舗展開している「岐阜タンメン」。一般的な関東地方のタンメンとは違い、豚肉・白菜・キャベツ・にんにくから旨みを抽出。そこに塩だしのスープを加えたオリジナルのタンメンは、シンプルながらも深い味わいが特徴。

 その味を再現するべく、ニンニクがきいた豚肉と野菜の旨味がたっぷりと溶け込んだ塩ラーメンスープをイメージした味に仕上げたのが「ベビースタードデカイラーメン(岐阜タンメン味)」です。

 どちらも地元民が愛してやまない味わいを忠実に再現。手軽にご当地ラーメンの味わいが楽しめる商品になっているとのことです。

情報提供:株式会社おやつカンパニー