「オ、オムライスがパソコンのキーボードの上に!!」、パソコンを利用する人にとっては絶望的とも言えるショッキングな写真がTwitterに投稿され、約15万件のいいねが付いて話題になっています。

 写真を投稿したのは、サンプル王と呼ばれた岩崎瀧三さんが起業し、2021年で創業89年になる飲食店専門の食品サンプルメーカー「株式会社いわさき」の公式Twitter。もう気づいた人もいるかもしれませんが、写真に写っているオムライスは食品サンプルです。

 しかし、「オムライスの破壊力」というコメントと共に投稿された写真は、ツイートの通り破壊力抜群!食品サンプルと知って見ても本物のように見えます。コメント欄にもビックリしたり、騙されたりした人が数多くいるようです。

 今回のオムライスの食品サンプルは、元々飲食店用サンプルとしてお皿に盛られていたもの。オムライス部分のみをお皿からをはがしたところ、どこに置いても面白いかったため、いわさきのTwitter担当者さんが手元に持っていたんだそうです。それを仕事の合間に「キーボードの上に置いたら、なんだかシュール?」と思い、写真に撮って投稿したのだとか。

 しかし、やってる方はシュールで面白いかもしれませんが、知らずに見た方は凄く驚いてしまいますね。ちなみに、株式会社いわさきの創業者、岩崎瀧三さんの食品サンプル第1号もオムレツだった(「記念オム」と命名された)そうで、そう思ってオムライスのサンプルを見ると、なんだか歴史も感じてしまいます。

 思わずドキッとしてしまうような本物そっくりの食品サンプル。2017年に大阪で開催された食博覧会で「こぼれた味噌汁スマホスタンド」を製作したところ、Twitterで話題になったため、もしかしたら知っている人もいるかもしれませんね。

 また、いわさきは2014年からSNSをスタートさせ、食品サンプルの情報を広く発信するようになりました。この頃から一般の人の食品サンプルファンが増え、本格的にグッズ系のアイテムを企画していくようになったそうです。

 いわさきのTwitter担当者さんによると、その中でも「こぼれた味噌汁スマホスタンド」などの面白系のアイテムは、「見て笑ったり、ビックリしたりという楽しさがあって人気がありますね」とのこと。

 面白系のアイテムについて「『リアリティー』や『美味しそうな感じ』があっての面白さですので。ここはぜひ、いわさきの食品サンプルの職人技を見ていただきたいです」と語る担当者さん。たしかに、しっかりとした技術があるからこそ、驚いたり、笑えたりしますものね。

 いわさきでは社内に食品サンプルグッズを企画する委員会があり、そこでアイデアを出し合って商品企画をしているそうで、これまでコーヒーをこぼした瞬間のドキッとした感じがあじわえる「『あっ!!』こぼれたコーヒー」や、分厚いステーキ(もちろん食品サンプル)のペンスタンドなど、様々なユニークで笑える商品が販売されています。

 いわさきでは10年ほど前からキーホルダーなどの販売をスタートさせていますが、最近では遊び心たっぷりのアイデア商品を増やして、オンラインショップで販売しています。オンラインショップでは毎月25日前後に新商品を発売しているとのことなので、気になる人はのぞいてみるのも良いかもしれません。

<記事化協力>
株式会社いわさき公式Twitter(@IWASAKI_SAMPLE/いわさきHP:http://www.iwasaki-ts.co.jp/

(佐藤圭亮)