映画やアニメなどで良く見かける、動物や人がUFOに連れ去られるシーン。空に浮いているUFOが目標の頭上に止まり、スポットライトのような光線を出すとふわっと浮いてUFOに吸い込まれていく表現を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 そんなSF映画の1シーンのような写真が偶然撮影され、ネット上では見た人の笑いを誘っています。

 偶然撮られた写真は、ワンちゃんが高くジャンプした様子を捉えたもの。それにしても本当に浮き上がっているかのようなブレのない写真の撮り方と、「もうそれはUFOに連れ去られる時の浮き方なんよ」というつぶやきも合わせて、このままふわっと空へ飛んでいってしまいそうですよね。

 Twitterユーザーで飼い主のAnnieさん(@Annie2_Ash0_)に話をきくと、いまにもUFOに連れ去られそうになっているのは飼い犬のウォルガくん(ジャーマンシェパード/0歳8か月)とのこと。

 場所はAnnieさんの自宅の庭で、撮影をした日は特に日差しが強く、暑かったので水遊びをしていたのだそう。ホースの水を高い位置で発射させると、ウォルガくんが水を飲むために高くジャンプし、このような写真が撮れたそうです。

 撮影した写真を見た瞬間に、Annieさんの頭の中に「UFOに連れ去られる時の浮き方なんよ」と千鳥のノブさんのようなツッコミのセリフが降りてきました。

 そこで「もうそれはUFOに連れ去られる時の浮き方なんよ」というツッコミをそえてTwitterに投稿したところ、大きな話題に。たしかにノブさんの声で脳内再生されてしまいますね。

 返信欄には「空中浮遊!?」「本当に浮いているように見える」といった声のほか、写真の奥に横たわって写っているもう1匹の飼い犬であるアニーちゃん(コーギー/6歳)に対してのコメントも。アニーちゃんは日向ぼっこが大好きで、外に出ると毎回横になってくつろいでいるそうです。

 普段の2匹は遊び盛りでやんちゃなウォルガくんが、年長者のアニーちゃんに怒られてばかりとのことですが、この写真においても、対照的な2匹の様子が面白いですよね。

<記事化協力>
Annieさん(@Annie2_Ash0_)

(山口弘剛)