「真犯人との取引が成立しそうな文鳥」

 開封されたジュラルミンケースの中に、ぎっしり詰められた札束。それを誇らしげに見せる黒いシルエットの何者かが、つぶやきとともにTwitter上に激写。

 闇取引現場でしょうか……ゴクリ。対面に写るは、札束を見てほくそ笑んでいる……ん?鳥?

 緊迫感漂う現場で写真に撮られたのは桜文鳥のきのこ氏。そしてこの“舞台”を作り上げたのが投稿者である飼い主さん。

 北海道に住む飼い主さんは、元々野鳥撮影が趣味。しかしながら冬の寒さが苦手&昨今のコロナ禍もあって文鳥を飼うことを決心。昨年(2020年)きのこ氏を迎え入れました。

 温厚ながら、常に動き回ったり歌ったり「忙しない一面」もあるというきのこ氏。その姿を見て飼い主さんは、カプセルトイのミニチュアと一緒に「愛鳥撮影」をすることに。

 きのこ氏は、特に抵抗することもなく被写体になっていたそうで、「色々なバリエーションでも撮れると思って」と、きのこ氏のサイズ感にも合う可動性のフィギュアを使って、様々なシチュエーションをイメージした「再現シーン」を都度撮影。自身のTwitterやInstagramに投稿されています。

 今回の「作品」に関しては、ご家族が最近購入したという札棚ケースのミニチュアを勧められ、それを「相性の良さで選びました」と、人気漫画「名探偵コナン」に登場する「真・犯人」のフィギュアを「取引相手」に、「受け子(鳥)」にきのこ氏を見立てて撮影しそれを投稿。

 すると、「想像以上に『闇取引感』が出ましたね(笑)」と飼い主さんが振り返るほどに、コミカルながらも緊迫感のあるシチュエーションに多くのTwitterユーザーが反応。リプライ(返信)欄では、「よし、1億粟穂だな」「上物のカナリアシードだぜ」「潜入捜査文鳥かっ」「これは取引してますね。とりだけに」などという声が寄せられました。

 見ている側が、ついつい悪ノリしてしまうような作品を提供した飼い主さんですが、先述の通り、様々なフィギュアを駆使したシチュエーション写真を投稿しています。

 きのこ氏に加え、今年(2021年)2月に迎え入れたというソニー氏が見せる豊かな表情もあわさったそれは、思わず「フフッ」となるものばかりですよ。

<記事化協力>
きのこ氏さん(Twitter:@suz_kinoko Instagram:@buncho_suzkinoko)

(向山純平)