株式会社パイ インターナショナルより「物語を作る人のための 世界観設定ノート」が登場。シートに沿って書き込んでいくだけで自分の作りたい世界観がまとまるノートとなっており、価格は1430円で5月24日発売予定です。

 映画・アニメ・小説など、優れた物語を評価するときによく使われるのが「独特な世界観」「世界観が美しい」などの言葉。登場人物を生き生きと動かし、ストーリーに奥行きを生む世界観を考える作業はオリジナル作品をつくる上で要となる部分です。

 しかし土地・風土・文化など決める要素が多いため、物語を作り慣れていない人にとっては難易度が高い作業。そのため小説家を志す方にとっては、挫折のきっかけになることも。

 本書には初心者には難しい世界観づくりをスムーズにするためのノウハウが凝縮。「どうやって世界観を作るのか?」という解説とともに、実際に設定を書き込めるノートを掲載。

 ノートは異世界ファンタジーや近未来などのジャンル別になっており、書き込んでいくだけでオリジナル作品の世界観がまるで魔法のように出来上がっていくとのこと。実践で使える画期的なハウツー本になっています。

 「第1章 世界観創作解説」「第2章 世界観創作ノート」「第3章 創作ノートサンプル」の3部構成になっており、第1章では物語における世界観の重要性やオリジナルの世界観をつくるための様々な要素を解説。

 第2章は実際に設定を書き込めるノートになっており、「異世界ファンタジー」「近未来」「現代ファンタジー」「遠未来」「学園都市」のジャンルに分かれています。

 第3章では第2章で空白だった部分がすでに書き込まれたサンプルを掲載。初めての方はサンプルをお手本にしながら、ノートに書き込んでみるのも良いかもしれません。

情報提供:株式会社パイ インターナショナル