人気マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」と、「明治チューブでバター1/3」のスペシャルコラボが実現。特製レシピが紹介されているオリジナルストーリーが特設サイトにて5月20日より公開となります。

 「明治チューブでバター1/3」は“片手で絞れる”“持ち運びに便利”などの利便性と、“キャップ式で密閉性が高い”“冷蔵庫内で場所を取らない”という保存性の高さが特徴。2021年で販売25周年を迎えるロングセラー商品です。

 販売25周年を記念してコラボをするのは累計発行部数450万部を超える海野つなみさんによる大人気マンガ「逃げるは恥だが役に立つ」。2012年より女性漫画誌「Kiss」で連載されていた“契約結婚”を題材にしたマンガで、2016年には星野源さんと新垣結衣さんが主演で実写ドラマ化。星野さんが歌う主題歌に合わせて出演者が躍る「恋ダンス」は社会現象にもなりました。

 今回のスペシャルコラボでは、料理研究家・榎本美沙さんが開発した「明治チューブでバター1/3」の特徴を活かしたオリジナルレシピを、「逃げ恥」の主人公・みくりと平匡の日常とともに紹介。家事や育児に追われるみくりのため、平匡が“カルボナーラ風うどん”を作るという完全オリジナルストーリーです。

 「逃げ恥」のオリジナルストーリー(1話完結)のほかに、3つのオリジナルストーリーを順次公開予定。専業主婦家庭を題材にした「筋肉パパとわんぱくブラザーズ」、共働き家族がテーマの「まなのママとパパは働き者」、キャンプ飯を紹介する「キャンプ中のパパがいつもとちがう件」でそれぞれ全3話、合計10作品が順次公開となります。

 作品中では“チキンとパプリカのレモンバター炒め”“豚肉と長芋のバター醤油ソテー”“ガーリックホットサンド”など、「明治チューブでバター1/3」を使用した合計10種のレシピを紹介。忙しいママに向けたお助けメニューのほか、料理が得意でないパパやアウトドアシーンでも楽しめるアイデアメニューを紹介しているとのことです。

(C)海野つなみ/講談社

情報提供:株式会社明治