ごはん好きに朗報です。ドミノ・ピザが、なんとごはんの上にピザのトッピングを乗せて、香ばしく焼き上げた「ピザライスボウル」を5月19日から発売。組み合わせだけみると「ドリアかな?」と思いますが、ドミノ・ピザ曰く「『ピザ×日本食』の究極コラボ商品」とのこと。ドリアなのかピザなのか?さっそくごはん大好きな筆者が確かめてきました。

 「ピザライスボウル」は、100%国産米を使ったバター風味ライスの上に、100%モッツァレラチーズとピザのトッピングを乗せて、オーブンで香ばしく焼き上げた逸品です。

 トッピングは、「炭火焼ビーフ」(デリバリーは税込1299円/お持ち帰りは税込999円)、「炭火焼チキテリ」(デリバリーは税込1199円/お持ち帰りは税込899円)、「ドミノ・デラックス」(デリバリーは税込1099円/お持ち帰りは税込799円)、「ガーリック・マスター」(デリバリーは税込1099円/お持ち帰りは税込799円)、「高麗カルビ」(デリバリーは税込1199円/お持ち帰りは税込899円)、「シーフード・スペシャル(ホワイトソース)」(デリバリーは税込1299円/お持ち帰りは税込999円)、「5種のチーズ」(デリバリーは税込1299円/お持ち帰りは税込999円)の全7種。

 インターネットで注文する際、どれも美味しそうで小一時間ほど悩んでしまいましたが、筆者は「シーフード・スペシャル(ホワイトソース)」を選択。節約&健康のためにデリバリーではなく、お持ち帰りで注文しました。

 自宅からお店まで徒歩で25分くらいありましたが、その間も「やっぱり炭火焼チキテリにすれば良かったか?いや、ビーフ?ドミノ・デラックスも美味しそうだったなぁ……」など、頭の中はピザライスボウルでいっぱい。夢中になりすぎて、危うく赤信号を無視しそうになりました。

 お店に到着して店内に入ると、マスクをしていても美味しそうなピザの香りが店中に充満しているのがわかり、心が満たされます。もっとこの空間にいたいと思いましたが、すでに出来上がっていた「シーフード・スペシャル(ホワイトソース)」を受け取り、お腹を満たすために自宅へ戻ります。

 すでにお腹が「ぐぅ~ぐぅ~」鳴っていた筆者。行きよりも足早に帰っていたつもりですが、自宅への帰り道が本当に長く感じました。

 自宅に戻ると、お楽しみの開封の儀。開ける前からピザの香りはもれていましたが、フタを開けると部屋中がピザの香りに……。なんて素敵で居心地の良い空間なのでしょう。

 ごはんの上にはモッツァレラチーズの絨毯が敷かれており、その上にはエビやタコ、アサリやホタテ貝柱など、海の幸がどっさり。この絨毯の上に飛び込みたくなります。これは、もう絶対に美味いやつです!我慢の限界に達した筆者、それではいただきます!

 フォークにミニ「シーフード・スペシャル」を作って口の中へ……。プリプリのエビと弾力のあるタコ、バター風味のごはんをモッツァレラチーズが包み込み、美味い!見た目は一瞬「ドリアっぽいかな」と思いましたが、ピザ飯というか、ちゃんとピザ風に仕上がっていて、これがごはんに合う!

 チェリートマトの酸味も良いアクセントになっていて飽きることなく食べられます。ごはんもモッツァレラチーズの下にぎっしり詰まっていて、食べごたえもあります。ごはん大好きな筆者からすると、ピザライスボウルをおかずにごはんが食べたくなりますが、それくらいマッチしています。

 今回もあっという間に完食。ごちそうさまでした!ピザライスボウルは大満足の味でしたが、ただ1つ要望があるとすればピザのようにM・R・Lとサイズが選べないこと。筆者なら完全にLサイズを頼みます。

(取材・撮影:佐藤圭亮)