空を見上げていると、雲の形が食べ物や乗り物に見えたりすることがあります。雲のアイデア写真を撮っているTwitterユーザーのtomosakiさんが「雲になにかを足してみた!」と紹介した写真が絶賛されています。

 「めちゃくちゃ可愛くありませんか??」というコメントと共に投稿された写真には、いろいろな雲を、ソフトクリームやご飯、歯磨き粉などに見立てた風景が写っていました。筆者も時々、「あの雲、〇〇に似ているなぁ……」と思うことはありますが、物を足すことによってさらにイメージが鮮明になりますね。

 tomosakiさんが雲のアイデア写真を思いついたのは、昨年(2020年)夏に入道雲を見ていた時。空腹だったこともあり「おいしそうだな……」と感じたことがきっかけだったそうです。以来、いつでも撮影ができるようアイテムを持って出かけているといい、今回の作品は30分もかからず撮影されています。

 「雲は1分も待ってくれないため、瞬発力が必要で大変でした」と語るtomosakiさん。たしかに雲は常に変化しますから、一瞬一瞬が勝負です。

 今回の作品には、約3万件のリツイートと18万件以上のいいねが付き、「頭が柔らかい……見習います」「歯ブラシは、思いつかなかった」「この画像を待ち受けにしたい!」などの声がよせられています。

 この反響にtomosakiさんは「雲を見るのが楽しみになった!など、嬉しいお言葉をたくさんいただきました。コロナ禍であまり遠くに出かけられない今、日常が彩るきっかけをお届けできたようで、撮影してよかったなと思いました」と喜びを語っています。

<記事化協力>
tomosakiさん(@photono_gen)

(佐藤圭亮)