牛丼チェーンの松屋が5月4日から販売している和風仕立ての“シャリアピンソース”がかかった「厚切りトンテキ定食」に“トンテキソース”が新登場。既存の“シャリアピンソース”も継続販売予定で2種類のソースから選べる仕様となります。価格はどちらも730円(税込)で、5月11日午前10時より販売開始予定です。

 松屋の「厚切りトンテキ定食」は豚肉の中でもコクがあって濃厚な味わいが特徴という肩ロースを使用した大判で厚切りだけど柔らかく食べやすい逸品。第1弾の “シャリアピンソース”は「ご飯に合う」と好評で、編集部でも先日食べレポを掲載しました。

 第2弾となる“トンテキソース”はウスターソースとローストガーリックの旨味がたっぷり楽しめるソース。「松屋らしさを全力で表現した」という“トンテキソース”は、にんにくがクセになる味わいだとか。

 一方すでに販売されている“シャリアピンソース”もあめ色になるまで煮詰めたたまねぎとにんにくの旨味が楽しめるソースで食欲をそそる仕上がり。

 どちらの“にんにくソース”も松屋の自信作で、社内でも人気が真っ二つになる接戦ぶり。どちらもご飯が進む商品とのことです。

 また「にんにくソースでごはんが進んで困っちゃう……」という方のために、新発売を記念したライス大盛り無料サービスも。「厚切りトンテキ定食」を注文した方を対象に5月25日午前10時まで実施されます。

 2種類のソースから選べる「厚切りトンテキ定食」は730円(税込)、さらにガッツリ食べられる「厚切りトンテキW定食」は1130円(税込)で販売。「厚切りトンテキ」の単品は税込530円で販売予定です。

情報提供:松屋フーズホールディングス