松屋が「ご飯に合う」和風仕立てのシャリアピンソースがかかった「厚切りトンテキ定食」(税込730円)を、5月4日から販売。ご飯に合う……?ご飯大好きな筆者、それを聞いたら食べないわけにはいかない!ということで、さっそく食べて来ました!

 「厚切りトンテキ定食」は豚肉の中でもコクがあって濃厚な味わいが特徴という肩ロースを使用しており、大判で厚切りだけど柔らかく食べやすい逸品。鉄板でじっくり焼くことで、柔らかジューシーに仕上げてあるとのことです。

 そして、今回はそんな「厚切りトンテキ定食」に合うソースが2種類登場する予定で、第1弾がシャリアピンソース。もう1種類は5月11日の午前10時から登場予定で、まだ謎のベールに包まれています。

 第2弾に登場するソースが何なのか?予想しつつ、ウキウキしながら松屋に到着した筆者。すると入口のドアには「厚切りトンテキ定食」のポスターがドーン!と貼られており、「待ってたよ!」と言わんばかりにお出迎えしてくれました。そして店内に入り、食券を購入して「厚切りトンテキ定食」が出来上がるのを、はやる気持ちを抑えて待ちます……。

 少しして筆者の目の前に登場したのは、あめ色になるまで煮詰められて、たまねぎとにんにくの旨味が凝縮されている松屋特製のシャリアピンソースが、これでもかとたっぷりかかった一品。トンテキの美味しそうな香りも食欲をそそります。

 それでは、いただきます!シャリアピンソースのプールに浸かっているトンテキを箸でつかみ、ご飯の上に乗せてみましたが、「このビジュアルで美味しくないわけない!」と確信した筆者。ご飯と一緒に口の中へ放り込むと、バターのコクとたまねぎの甘みがジューシーな豚肉の旨味を引き出していて美味い!

 しかも、ご飯と本当に合う!もう手が止まりません。豚肉も肉厚でしかも柔らかく食べやすい。ちなみに「厚切りトンテキ定食」の販売を記念して、5月25日の午前10時までご飯の大盛りが無料なのですが、大盛りにしておいて良かった。これは、すぐに無くなってしまう。

 今回もあっという間に完食。ごちそうさまでした!しかし、食べ終わったお皿には、シャリアピンソースがまだ余っている……。シャリアピンソースは本当にご飯に合ったので、今度はご飯を特盛にして、シャリアピンソースをご飯にかけて食べようと思った筆者でした。

(取材・撮影:佐藤圭亮)