また1人……いや1匹、罪を重ねる猫が飼い主さんの手によってお縄になりました。その猫の名はナナちゃん。まだ10か月ということもあり、何でも気になる、気にする、お年頃です。

 ナナちゃんを捕まえたのは飼い主である漫画家の屋乃啓人さん。「事件現場と容疑者」と書かれた4月16日の投稿には、床に散乱した柿ピーとすっとぼけ顔のナナちゃんが写っています。うわーこれはやらかしてる!!

 普段のナナちゃんはやんちゃで甘えん坊な性格。そして食いしん坊でもあるため、屋乃さんは「なんでもかんでも食べようとするので、食べられそうなものはできる限り隠していました」と語っています。しかしこのときは、「柿ピーは友達が置いていったものなので油断していました」という事情があったとのこと。

 そんな出来事からわずか半月ほどしかたっていない4月27日。ナナちゃんは新たな事件をおこしています。

 「お前は……いくつ罪を重ねる気なんだ……!」と、屋乃さんが自身のTwitterに投稿した写真には、床に散乱した調味料とおもわれる白い粉と割れた食器が写っていました。

 屋乃さんの話によると「お皿は今まで割ったことなかったです」とのことなので、ナナちゃん自身にイタズラ心があってのことではなさそう。

 恐らく最初何かに驚き、その反応で1つ倒してはまた驚き……動き回るうちにドミノ式に被害が拡大した、といったところではないでしょうか。ナナちゃんドジっ子!

 なお、この時撮られたナナちゃんの写真も「ん?どうしたの??」とでも言わんばかりの“すっとぼけ顔”。自分の犯した罪の重さに、全く気づいていないようです。

 ナナちゃんには他にも前科があるようで、「この前、漫画を描いているiPadも落とされて青ざめました。壊れてなかったのでよかったですが……」と証言。ナナちゃん、商売道具はやめてあげて……。

 それでも屋乃さんのナナちゃんへの愛情は変わることはなく、捕まえても真っ先に無事を確認して「『だめだよー!』と言って、もみくちゃにして、すりすりします」と優しく注意しているとのこと。

 食器を割った犯行現場をみたときも「『やりよった』→『怪我していないな。よかった』→『ツイッターに投稿しよう』という感じに順番で思いました」と、この大惨事を笑いに昇華させているそうです。これは、ナナちゃんまだまだ罪を重ねていきそうですね。

<記事化協力>
屋乃啓人さん(@chimairasuzuki)

(佐藤圭亮)