2021年も、季節は春から初夏に差し掛かってきました。そろそろ「定例イベント」ともいえる衣替えをする時期ですが、その作業中に起きたエピソードが「猫飼いあるある」とTwitterで話題となっています。

 「冬物片付けてたら、自ら冬物だと認識したらしい…」

 Twitterユーザーのtsuna日記さんが、そんなつぶやきとともに投稿した4枚の写真。そこには冬物を片付けようと、衣装ケースの引き出しを開けたら、「どうもこんにちニャ」と言わんばかりに、そこでくつろいでいる飼い猫のブリちゃんの姿。

 そういえば猫ちゃんも、春先はいわゆる「夏毛」と呼ばれる体毛に代わる換毛期。人間のいう衣替えともいえます。それに加え、「そこに箱があるから」とばかりに、空き箱があれば所構いなしにインをするのは、猫の代表的な習性です。

 「猫飼いの皆さんにとって、『衣替えあるある』と思って投稿したんです」と、投稿のねらいを語ってくれたtsuna日記さんですが、その目論見通りに?この投稿には多くの方が反応。

 リプライ(返信)欄には、「そういうところ見つけるの得意ですよね~」「ブリちゃん早く冬毛脱いで~」「冬物になっちゃったのにゃー」「ブリくんも衣替え真っ只中?」などと、多くの方が「あるある」と反応されました。

 そんなtsuna日記さんですが、ブリちゃん以外にもツナちゃんという猫も飼われており、「tsuna日記」というハンドルネームからもあってか、登場頻度は、ツナちゃんのが多めだそう。

 tsuna日記さん自身は主婦ということで、「朝晩と昼休みに猫ツイートを楽しんでいます」とのこと。2匹の様子は、Twitterに加え、Instagramでも都度投稿されています。

<記事化協力>
tsuna日記さん(Twitter/Instagram:@__tsunadesu)

(向山純平)