猫飼いにとって愛猫を自宅に残して外出するのは、とてもツライこと。ずっと一緒にいたいと思ってしまいますよね。ぬいぐるみデザイナーとして活動するせこなおさんも、その1人。まだ生まれて2か月の愛猫くうすけくんの姿に、出掛ける気持ちが揺らいでしまったようです。

 せこなおさんは4月25日、「仕事いきたくない」というコメントと共に1枚の写真を投稿。写真には「へそ天」状態で気持ち良さそうに寝ている、くうすけくんの姿が写っていました。こんな姿を見てしまったら、仕事になんて行きたくないですね。

 普段は「非常に物怖じしないおおらかな子」という、くうすけくん。その反面、甘えぶりもすごく、ひとしきり遊び終わると人間によじ登ってでも抱かれようとしてくるのだとか。なんだか話を聞いているだけでも、くうすけくんのことを抱きしめたくなってしまうのは筆者だけでしょうか。

 今回の写真は、腕の中で眠ったくうすけくんがどんどんリラックスしていき、ひっくり返っている様子とのことですが、可愛すぎる!

 せこなおさんによると、いつもいろんな体勢で寝ているそうなのですが、この写真の時点では飼い始めてまだ3日目で、「引き取った翌日の夜には仰向けで寝だし、リラックスが極まるとこの姿勢までいきます」と教えてくれました。

 さらにヘソ天状態で寝ているくうすけくんについて、せこなおさんは「来たばかりの家で平気でお腹を出して寝るとは『そうとう肝の座った子だな』と思いました」と話していました。

 この投稿には2万件以上のリツイートと13万件以上のいいねが付き、「この世にこんな可愛い生き物が生まれた奇跡が凄い!!」「やばっ!身動きできなくなってしまったパターンw」「(仕事に)行かなくていいと思う」など多くのコメントが寄せられ、せこなおさんの「仕事いきたくない」という気持ちに同意する人が続出しています。

<記事化協力>
せこなおさん(Twitter:@sekonao/HP:https://www.sekonao.net/

(佐藤圭亮)