5月8日に発売を控えたカプコンの大人気ホラーゲームの最新作「バイオハザード ヴィレッジ」。その公式イメージソングである「俺らこんな村いやだLv.100」が4月23日より公開。

 吉幾三さんの代表作で日本語ラップの元祖とも言われる「俺ら東京さ行ぐだ」のスペシャルアレンジバージョンで、大量のゾンビがはびこる恐ろしいバイオハザードの世界が、思わずくすっと笑ってしまう歌詞で紹介されています。

 シリーズ最新作にして最高のサバイバルホラーとの呼び声も高い「バイオハザード ヴィレッジ」は主人公の“イーサン・ウィンターズ”が奪われた娘を取り戻すため、再び死地へと向かう……というストーリー。

 邪悪と狂気に支配された閑村が舞台となっており、まさに「俺らこんな村いやだ」な状況。そんな作品の世界観を「俺ら東京さ行ぐだ」のメロディに乗せて歌うのは、法被姿の吉幾三さん。

 「はぁ~! 理性が無ェ 正気じゃ無ェ 人間(ひと) かどうかもわから無ェ 油断も無ェ 隙も無ェ 人狼(ライカン)毎日ぐーるぐる」と、東北なまりが特徴的な歌声で歌い上げています。

 カラオケビデオ風に編集された映像には、吉幾三さんの歌唱シーンや最高峰のグラフィックスといわれる最新作のゲーム画面、さらにそれを見ながらリアクションをとる吉幾三さんの姿が。

 また映像の最後には、吉幾三さんが人狼(ライカン)に変身。これが初めて特殊メイク挑戦になる吉幾三さんそのあまりのリアルさに自分自身でもびっくりした様子。

 撮影後のインタビューでは「結構時間がかかったので、2,3回うとうとしました(笑)それくらいリアルな出来になっているので、私の怖い一面も是非見ていただきたいです」と語っています。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.
情報提供:株式会社カプコン