アメリカ空軍のB-52H爆撃機4機が、グアム島のアンダーセン空軍基地に2021年4月16日(現地時間)から展開しています。これは定期的にインド太平洋地域を巡回飛行し、アメリカ空軍の攻撃力がここまで及んでいることを示す目的で、日本の航空自衛隊との共同訓練も今後予想されます。

 アメリカ空軍は定期的に戦略爆撃機を遠征され、展開地域で飛行する「爆撃任務(Bomber Task Force=BTF)」というミッションを実施しています。いついかなる時でも攻撃力が迅速に展開でき、地域の平和と安全を守るというアメリカ軍の姿勢を示すとともに、同盟国やパートナー国の空軍部隊と共同訓練し、ともに貢献する姿勢を明らかにするものです。

 今回、グアム島のアンダーセン空軍基地に展開したのは、ルイジアナ州バークスデール空軍基地の第2爆撃航空団に所属する4機のB-52H。ベトナム戦争時から運用が続く機体ですが、さまざまな兵装を運用できる使い勝手の良い爆撃機でもあります。

 この爆撃機部隊の指揮をとる第2爆撃航空団司令官、Mark Dmytryszyn大佐は「我々空軍は現在、複合的でダイナミック、時には変わりやすい安全保障環境の中で活動しています。多彩な地理的戦闘コマンドやその作戦環境において、これらの統合および共同安全保障協力活動を定期的に実施するのは、私たちの責任です」と、BTFの任務とその背景についてコメントしています。

 現在アメリカ空軍では、過酷な任務で老朽化したB-1Bの退役を始めており、機齢のわりに丈夫なB-52を重点的にBTF任務につかせる方針となっています。シンプルかつタフなB-52は、1952年の初飛行からまもなく70年になろうかという状況においても頼れる存在のようです。

 Dmytryszyn大佐はB-52を「グローバルな統合複合指揮命令システムのもと、多種多様な核兵器や通常兵器を搭載し、大陸をまたぐ範囲で運用可能なことで、B-52は私たちの同盟国、パートナー、そして世界に対するアメリカの保障を象徴する存在として、広く認識されています」と評しています。

 展開した4機のB-52Hは、定期的に日本を含むインド太平洋地域を周回飛行し、アメリカの打撃力を示すとともに、地域の同盟国らと共同訓練を実施します。日本周辺でも、航空自衛隊の戦闘機と共同訓練の機会が複数回あると予想されます。

<出典・引用>
アメリカインド太平洋軍 ニュースリリース
Image:USAF

(咲村珠樹)