森永乳業株式会社が販売するチルドカップコーヒー「マウントレーニア」の年間プロジェクト「マウントレーニア深い癒やしプロジェクト」が4月13日より開始。

 春のプロジェクトとして、全国5つの動物園の飼育員が撮影した動物の赤ちゃんたちがパッケージになった「マウントレーニア カフェラッテ」~深い癒やしパッケージ~(計16種類)が4月12日週より全国にて順次発売されます。

 1993年2月に発売した「マウントレーニア」は“チルドカップコーヒー”という新たなカテゴリーを創造したパイオニアブランド。気分やシーンによって飲み分けられるさまざまなラインナップが揃っており、カフェショップのようなコク深い味わいを手軽に楽しむことができる商品として人気。チルドカップコーヒー売上No.1(※)を誇っています。

 「マウントレーニア深い癒やしプロジェクト」はコロナ禍で見えないストレスを抱える人々に対して“深い癒やし”を届けることを目的とした取り組み。

 そのプロジェクトの第一弾として企画されたのが全国5つの動物園(旭山動物園、那須どうぶつ王国、埼玉県こども動物自然公園、姫路セントラルパーク、長崎バイオパーク)の飼育員自らが撮影した赤ちゃんが写るパッケージ。

 合計16種類のパッケージは普段から愛情を注ぎ、育てる飼育員だからこそ撮影できる貴重な動物の赤ちゃんたちの愛らしい表情を見るだけで“深い癒やし”を感じるデザインになっているとのこと。

 ちなみにコロナ禍で集客が落ちこむ動物園のPR支援も本プロジェクトの目的のひとつ。さらに売上の一部は本パッケージで紹介する動物園に動物たちの飼育代として寄付されるそうです。

※ 出典 インテージSRI チルドカップ飲料(コーヒー系) 2020年4月~2021年2月 累計販売金額

情報提供:森永乳業株式会社