Netflixとテレビ東京が共同企画・製作するNetflixオリジナルシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」の2022年全世界独占配信が決定。あわせて斎藤工、上野樹里をはじめとするキャストが発表されました。

 本作は坂井恵理による同名コミックス(講談社「BE LOVE KC」所載)を原作とした社会派コメディドラマ。「もし男性が妊娠したら?」をテーマに、男女逆転生活やギャップをコミカルに描きながら、「妊娠」をきっかけに今まで見えなかった社会に潜む様々な問題に直面した主人公が、奮闘しながらも徐々に周囲の人とそして自分自身を変えていく姿を描いた成長の物語です。

 舞台は男性が妊娠・出産するようになった世界。広告代理店の第一線で仕事をバリバリこなすハイスペック男子の主人公・桧山健太郎役を斎藤工が、そのパートナーで実家からの結婚へのプレッシャーをものともせず、仕事でキャリアを重ねるために日々忙しく生きるフリーライター兼エディターのヒロイン・瀬戸亜季役を上野樹里が演じます。

 想定外の「妊娠」に最初は戸惑う二人。「妊娠」したことを告げた日から、社内や社会から向けられるまなざし、「妊婦」が体験する苦労を「妊夫」として向き合う桧山と寄り添い、共に迷う亜季。現代の妊娠・出産にまつわる多くの問題に直面しながら、「産むか、産まないか」の決断を迫られる二人の様子や、その決断の先にあるものが描かれるとのこと。

 思いがけない「妊娠」をきっかけに体調だけでなく、仕事や家族のほか、社会や自分自身にも変化が訪れる桧山健太郎役を演じる斎藤工は本作について「男女の役割の入れ替わりを描く本作は、古き悪き常識に対する新時代のアンチテーゼになる可能性を秘めている気がしています」と語っています。

 瀬戸亜季役の上野樹里は役柄を演じるにあたり「亜季の抱く家族や家庭というものへのネガティブな概念への葛藤や、一人の女性として自由でありたいと願う亜季の価値観の変化があったりと、桧山と共に成長していくキャラクターを楽しんで演じたい」とコメント。

 原作の坂井恵理はドラマ化への期待に関して、「斎藤さん演じる健太郎、上野さん演じる亜季、箱田監督・菊地監督が撮る『ヒヤマケンタロウの妊娠』を、いち視聴者としてとても楽しみにしています」と期待を寄せています。

 ちなみに本作の監督を務めるのは、箱田優子と菊地健雄。箱田優子はCMディレクターとして活躍し、長編デビュー作「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(2019)で、上海国際映画祭アジア新人部門・最優秀監督賞を受賞するなど今後活躍が期待されている監督の一人。菊地健雄は2017年に発表した「ハローグッバイ」「望郷」両作品で第9回TAMA映画賞最優秀新進監督賞とおおさかシネマフェスティバル2018新人監督賞を受賞するなどその後も次々に作品を発表し続けている実力派。

 脚本は「全裸監督」シリーズ(2019/2021)を手掛けた山田能龍をはじめ、監督脚本作「あのこは貴族」(2021)が公開中で大評判の岨手由貴子、監督脚本作「ミセス・ノイズィ」(2020)で日本映画批評家大賞脚本賞受賞の天野千尋と、今話題のクリエイター3名が担当しています。

情報提供:Netflix