大好きな飼い主さんに構ってもらえて、嬉しさを隠し切れないワンちゃんの姿がTwitterで話題となっています。

 「ママにもふもふされてご満悦なサニーです」というつぶやきとともに、Twitterで紹介されたのは、オスのサモエドのサニーくん。

 このつぶやきの「ママ」というのは、投稿者である飼い主さんの奥さんのこと。飼い主さんは5人家族のお父さんです。

 サニーくんは現在生後8か月のワンちゃん。“末っ子”ということもあってか、いつも大好きな家族の誰かが帰ってくると、一目散に走っていっては、白く長い被毛を“モフモフ”してもらいたがる甘えん坊さんです。

 サニーくんは、家族の中でもとりわけ「ママ」のことが大好き。今回の“パパ”の投稿は、ちょっぴり“おねむ”だったというサニーくんが、ソファにいたママに近づいて行き、『撫でてアピール』をしたのがきっかけ。こうして撮られたのが今回の写真なのですが、サニーくんは片方の前脚をママの腕にかけながら、舌を出して身を委ねています。リラックスかつ満足気な表情は、サニーくんが「ママ」のことを本当に大好きなことが伝わってくるものとなっています。

 一連の様子を撮影していた飼い主さんも、「可愛く撮れたのもあって」と、今回自身のTwitterに投稿したのですが、これにはリプライ(返信)欄でも、「かわいい」「至福の顔ですワン」「わーわたしもしてみたいー」と多くの方が癒やされました。

 そんなサニーくんですが、先述の通りまだ生後8か月なのですが、サモエドという犬種もあって、飼い主さんが抱っこをすると、サニーくんによってその姿が見えなくなるほどのビッグサイズ。

 YouTubeでは、「サモエドのサニー Samoyed Sunny’s Life」というタイトルで、幼少期からのサニーくんの成長記録が都度配信されていますが、これからもさらなる「成長」が見込まれそうです。

<記事化協力>
サモエドsunnyサニーさん(@samoyedsunny)

(向山純平)