クリエイティブスタジオ「エコードワークス」が手掛ける人気シリーズの最新作「妄想マッピングTシャツ/Tight」の発売が決定。商品名にもあるように新モデルのテーマは「Tight」。仕上がりきったボディがスリムフィットなTシャツに収まりきらず、胸元がはだけて見えるデザインです。

 デザインはマッチョな胸元の「Muscle」とたわわな胸元の「Cleavage」の2種類。価格は税込3960円で4月下旬頃発売予定。3月30日より公式オンラインストアにて予約受付がスタートします。

 「妄想マッピングTシャツ」は「タニマダイバー」シリーズや「オトナの浪漫タイツ」シリーズなど、遊びゴコロ満載の商品を生み出してきたエコードワークスの人気シリーズ。人々がこっそり思い描いている妄想世界を、エコードワークス独自の妄想マッピング技術により実現した商品です。

 これまでにはらりと顕わになった部分にブラジャーとおっぱいの谷間が見えるようなプリントのTシャツや、シースルーシャツからナイスバディが透けて見える風のプリントTシャツ、胸ポケットから大金が顔をだしているデザインのTシャツなどを発売。

 1~2年ごとに新モデルを制作しており、2012年の販売開始からこれまでに累計3万枚を売り上げています。

 そんな人気シリーズの最新作が「妄想マッピングTシャツ/Tight」。はだけたシャツの隙間からマッチョな胸筋と腹筋がチラ見えする「Muscle」と、シャツに収まりきらない豊満な胸の谷間と青いブラジャーがチラ見えする「Cleavage」の全2種類あり、サイズはWM、WL、S、Mの4種類。それぞれにウィメンズとユニセックスのサイズが用意されています。

 このデザインの構想自体は数年前からあり、とあるアニメの「親方」や「副会長」などの胸元がはだける演出にインスパイアされたものだそう。

 胸元に筋肉や谷間の画像をただ貼り付けるだけではなく、パツパツに引っ張られた服のシワや陰影までリアルに表現して、錯視効果を高めているのが特徴。これによりシャツを纏うだけであたかも胸元がはだけたように見え、仕上がりきったボディがうっかりチラ見えしてしまったかの如く装うことができるとのこと。

 着用するだけで簡単に”つよつよボディ”を身につけることができる商品に仕上がっているそうです。

 作者の福澤さんは「外出自粛で運動機会も人前に出る機会も減り、ボディメイクに身が入らない人も多いかと存じます。まだ当面はこのような状況が続きそうですから、今年は楽してインスタントに見た目だけも仕上げてみてはいかがでしょうか」とコメントしています。

情報提供:エコードワークス