「いやいや、取らないから」と思わず声をかけたくなるくらい必死におやつを隠しているのは、柴犬のそらくん。飼い主さんがそんなそらくんの姿をTwitterに投稿すると、5万件以上のいいねが付き、「可愛すぎる」と話題になっています。

 そらくんは人懐っこくて好奇心旺盛、楽しいことを見つけると1人で夢中になって遊んでいる2歳の男の子。ただ、飼い主さんによると「独占欲が強いのでおもちゃやおやつをほかの犬や人に取られるのをすごく嫌がります」とのこと。今回はその性格が出ているのでしょうか。

 飼い主さんは3月25日、「仕事行こうとしたら埋めたおやつを体張って守る柴犬に遭遇して盛大に足止めくらった」というコメントと共に写真を投稿。写真には、こちらを見つめながら地面に埋まっているおやつを必死で隠している、そらくんの姿が写っています。

 そらくんについて「すぐ食べ終わる小さいおやつなどは食べちゃいますが、大きなものやガム、硬いジャーキーなど、後で楽しみに取っておきたいもの?は埋めて隠しています」と語る飼い主さん。イタズラして壊してしまった洗濯バサミや靴を埋めることもあるのだとか。

 すごい独占欲ですね……。過去に誰かに取られた経験でもあるのでしょうか。飼い主さんに聞いてみると、「先住犬が、そらが大事に取っておいたほねっこを掘り返して、自分のお家に持って帰って食べられてしまったことがあります」と教えてくれました。なるほど、そういう経験も何か関係しているのかもしれないですね。

 ちなみに、その時そらくんは牙をむき出して怒ったそうです。普段、人懐っこいそらくんからは想像ができませんが、食べ物の恨みは人間でも怖いですし、相当楽しみにしていたんでしょうね。

 埋めたおやつを体を張って守るそらくんを見た時について、飼い主さんは「守るポーズが可愛すぎて2度見しました」と笑い、「また大切なお宝を隠してるんだなってのはすぐ気付いたので、あたたかく見守りました」と話していました。たしかに、庭でこんな感じで見つめられていたら2度見してしまう。

 この投稿には、約1万件のリツイートと5万件以上のいいねが付き、「『これは自分の!』って意思がビンビンに伝わるw」「こんなにわかりやすく宝物守ったらバレバレ!」「可愛いですね!誰にも渡さないよという執念を感じます」など多くのコメントが寄せられ、写真を見た人たちを楽しませています。

<記事化協力>
柴犬そらさん(@sora1013siba)

(佐藤圭亮)