薬味として欠かせないショウガ。チューブ入りのおろしショウガも売られていますが、やはり生のショウガをおろした方が、香りも味も段違いです。でも、おろしショウガは時間が経つと色が悪くなる欠点も。実はおろしショウガって、冷凍保存できるんです。レストランシェフがおろしショウガの冷凍保存テクをSNSで公開しています。

 都内のレストランでシェフをしている麦ライスさん。日常生活で便利な料理のライフハックを色々Twitterを通じて紹介しています。

 今回、麦ライスさんが紹介していたのは、おろしショウガを冷凍保存するライフハック。おろしショウガをフリーザーバッグに入れ、空気を抜きつつ薄く平たくして冷凍してしまいます。使う時は必要な分だけ割って、解凍してしまえばOK。

 ショガオールやギンゲロール、ジンギベレンといったショウガ独特の香り成分と辛み成分は、皮に近いところに多く含まれています。このため、香りを重視したいなら皮ごとすりおろすのが吉。ただし、辛みが苦手な方やお子さん、加熱調理しない場合は気を付けましょう。

 また、冷凍保存する際は厚みがありすぎると、凍らせた時に割りづらくなってしまうことも。麦ライスさんは厚みの目安として、5mm程度以下を推奨しています。

 ショウガはおろしたてが美味しいのは分かっているけど、それほど量が必要でない時に丸ごと買うのは……という方も多いはず。一旦全部すりおろしてしまい、フリーザーバッグで薄くして冷凍保存できれば、気兼ねなく使うことができますね。覚えておきたいライフハックです。麦ライスさんは、おろしショウガを使ったレシピの数々もTwitterで紹介しています。

<記事化協力>
麦ライスさん(@HG7654321)

(咲村珠樹)