可愛い猫が自分の膝の上でくつろいでいると、しばらく立ち上がることを躊躇ってしまいます。TwitterユーザーのMaria cat mamさんのお子さんも、どうやらそんな事態に陥ってしまったようです。

 Maria cat mamさんは3月24日、「ふたりが膝に乗ってしまい動けなくなった三男が『詰んだ』とこぼしていたw」というコメントと共に1枚の写真を投稿。

 写真にはMaria cat mamさんのお子さんの膝の上に、愛猫のブランくん(手前)と小次郎くん(奥)が乗ってくつろいでいる姿が写っていました。お子さんもお手上げ状態で、たしかにこれは詰んでいる。

 頭が良くて温厚で喧嘩や争いごとより猫じゃらしが大好きというブランくんと、ブランくんより1か月だけお兄ちゃんだけど、いまだに母猫のお乳を吸いたがる甘えん坊さんの小次郎くん。2匹ともMaria cat mamさんのお子さんのことが大好きなようで、寂しくなるとお子さんのそばに寄ってくるのだとか。

 そのため今回のようにお子さんが動けなくなってしまうことは時々あるそうなのですが、Maria cat mamさんによると「2匹同時に抱っこしていたのは、この時だけ」とのこと。1匹乗っただけでも動けなくなってしまうのに、2匹同時とは……。お子さんが「詰んだ」と言ってしまった気持ちも分かりますね。

 お子さんは動けなくなるといつもジッと我慢しているためMaria cat mamさんが乗っている猫を抱っこして交代してあげるそう。お子さんの猫に対する優しさと愛情が伝わってきます。

 お子さんが詰んだ光景を見て「なんだかんだ、平和な我が家だなぁとホッコリしました」と語るMaria cat mamさん。「三男はトイレに行きたかったのを我慢していたようですが……」と話していました。

 この投稿には約2万件のリツイートと12万件以上のいいねが付き、「羨ましい詰み方」「猫様を退けるなんて到底できない」「ふたり揃って『ごめん寝』ってしてるので起こせないし怒れないw」など、多くのコメントが寄せられています。

<記事化協力>
Maria cat mamさん(@mariamam1116)

(佐藤圭亮)