猫飼いにとって苦労することのひとつが愛猫の爪切りではないでしょうか。嫌がる猫をなだめながら少しずつ切っていくのは大変な作業です。

 しかし、活発で遊ぶことも食べることも大好きなミヌエットのみにらくんは、爪切りにとても協力的な男の子。爪を切られてもまったく動じず、ただ終わるのを待っています。こんな子がいるとは……。

 みにらくんの飼い主さんは3月22日、「猫飼いの人達から羨ましがられるうちの猫の爪切り動画」と題し、動画を投稿。

 飼い主さんも「協力的すぎて笑うしかない」と言う動画には、爪を切られているみにらくんが映っているのですが、動いたり嫌がったりすることなく、ただひたすらジッとして爪切りが終わるのを待っています。

 飼い始めてすぐの時は、爪切りを少し嫌がって逃げようとすることが多かったらしいのですが、段々と慣れてきたとのこと。

 「訓練はとくにしていないです」と語る飼い主さん。「少し伸びたら切るのを習慣づけていたら、生活するのに爪切りが必要な事だと察したのか、大人しく切られるようになりました」と笑っていました。なるほど、習慣づけが大切なのですね。

 さらに、「嫌がる場合はおやつで気を引きならがら切ったり、切り終えたら褒めてあげたりするのが大切なんじゃないかと思います」と言い、「痛い思いをさせてしまうと嫌がってしまうので、伸びた分だけ少しずつ定期的に切ると良いと思います」と話してくれました。

 爪切りに協力的すぎるみにらくんについて、飼い主さんは「実家の猫が全く爪を切らせてくれずに大暴れしていたので、最初は驚きました」と振り返り、「こんなに大人しく爪を切らせてくれるのは本当に助かりますね」と感謝していました。

 この投稿には、1万5000件以上のリツイートと8万5000件以上のいいねが付き、「猫飼いの夢の世界」「しかもカメラ目線」など多くのコメントが寄せられ、同じ猫飼いの人たちからは羨ましがられています。

 ちなみに爪切り動画の完全版は、YouTubeチャンネル「【子ライオン】みにら日記‐MINIRA‐Diary‐」で公開されています。

<記事化協力>
みにら日記‐MINIRA‐Diary‐さん(@minira_diary)

(佐藤圭亮)