「犯人は必ず犯行現場に戻ってくる」とよく刑事ドラマなどで耳にしますが、猫もどうやら犯行現場に戻ってくるようです。生まれて6か月になるつむぎちゃんもその1人……いや1匹。飼い主さんに、見事に証拠写真を撮られてしまいました。

 つむぎちゃんは本当にいたずらが大好き。飼い主さんが「とっても落ち着きの無い子で毎日何かしらやらかしてくれます」と話すように、今までにもトイレットペーパーやパンなどに“やらかしている”前科持ちの猫さん。完全な常習犯ですね。

 飼い主さんは3月21日、自身のTwitterに「朝6時の光景」というコメントと共に1枚の写真を投稿。写真には散乱したビニール紐に覆い被さる、つむぎちゃんの姿が写っていました。まるで全身つかって証拠を隠そうとしているみたい。「な、何もないです」という声すら聞こえてきそう。

 しかし、「(つむぎちゃんが)いたずらをして、怒った事はありません」と語る飼い主さん。なぜか聞いてみると、「怒る以前に笑いと可愛さが先行します」と教えてくれました。ということは……つむぎちゃんの「連続いたずら事件」、今後も続いていきそうです。

 今回のビニール紐事件を目撃した時について、飼い主さんは寝起きでしたが「OH!!!やっちゃったね~」と笑っていたそうで、つむぎちゃんには「つむ〜、楽しそうで良かったね」と声をかけたのだとか。飼い主さんは「相当な親バカです」と笑い、「テンションMAXで楽しそうに走り回って、紐と戯れる姿が可愛かったです」と振り返っていました。

 この投稿には、「コレは眠気吹っ飛ぶ」「これだけ、正直に楽しんでいる姿を見ると笑ってしまいますね」「現場で戻って更にヒャッホイですね」など多くのコメントが寄せられ、写真を見た人たちもつむぎちゃんの犯行を楽しんでいる様子でした。

<記事化協力>
こむぎなべさん(@kmg_0702)

(佐藤圭亮)