TVアニメ「TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)」に登場する、シュテルンビルトの街に居住することから始まる新感覚WEBサービス「V(バーチャル)レジデンス シュテルンビルト セカンドシーズン」の展開が、株式会社バンダイより発表されました。

 期間は4月4日~9月30日までの約6か月で月額会員費は1か月2970円(税込・送料込)。事前申し込みが3月24日より開始されています。

 アニメ「TIGER & BUNNY」は2011年に放送され、近未来都市・シュテルンビルトを舞台に、“NEXT”と呼ばれる特殊能力を持つヒーロー達の活躍を描いたオリジナルテレビアニメシリーズ。TVシリーズ放送後には劇場版2作も上映され大ヒットとなりました。そして、2022年には続編となる「TIGER & BUNNY 2」の放送を予定。再び注目が集まっています。

 Vレジデンスはそんな人気アニメの舞台であるシュテルンビルトの街に居住し、登場人物の日常を感じることができるスマートフォン専用サイトを使ったWEBサービス。

 2020年1月15日~3月15日まで2か月の期間限定でファーストシーズンが展開され、サービス終了時のアンケートでは継続や再始動を求める声が数多く挙がっていました。

 そんなファン待望のWEBサービスが6か月の期間限定で復活。セカンドシーズンではサービス面を強化し、シュテルンビルトでの生活をより満喫できる内容になっているとのことです。

 本サービスの一番の特徴はシュテルンビルトの住人になれること。居住手続き(会員登録)で全15種類の中から好きな部屋を契約すると、居住証明書&居住契約書が実際に手元に届く仕組み。

 シュテルンビルトの居住者となると1日1回の散策が可能になります。選べる行き先は200か所以上。行き先を選択したその日の17時30分以降にVレジデンスのサイトにアクセスすると、マイページにその日の行動記録が表示されます。選んだ行き先によっては、ヒーローたちを見かけることも。ヒーローたちの日常を垣間見ることができます。

 毎月1回、オリジナル広報誌「シュテルンビルト MaG(マガジン)」が届くのも特徴的なサービスのひとつ。TVアニメ「TIGER & BUNNY」の脚本を担当した兒玉宣勝によりVレジデンス用に新たに書き起こされた「シュテルンビルトの日常を描いたストーリー」が掲載されます。

 また「シュテルンビルトMaG」を読むことで、先月シュテルンビルトの街で見かけた虎徹やバーナビー、そしてヒーローたちに何が起きていたのかを知ることができます。さらにファーストシーズンでは登場しなかったヒーローたちも多数登場予定。読みごたえたっぷりのシナリオになっているとのことです。

 さらに居住者限定のショッピングサイトにて限定グッズを購入できるという特典も。4月4日からは「シュテルンビルトマラソン ノベルティセット」の受注をスタート。ストーリー内で展開される、マラソン大会のノベルティをイメージした「Tシャツ」「エコバッグ」「マフラータオル」の3点セットとなります。

 その他、新グッズが続々登場予定とのことです。

(C) BNP / T&B PARTNERS
情報提供:株式会社バンダイ