猫にとって、人間の赤ちゃんというのは未知の生き物。逆に赤ちゃんにとっても、目にするもの全てが初めてなので、猫など動物との初対面は「未知との遭遇」となります。母方の実家にやってきた赤ちゃんと、そこにいる猫との初対面がTwitterに投稿され、緊張感あふれる様子が注目を集めています。

 生まれたばかりの娘さんと、母方の実家にいる猫とが「未知との遭遇」をした様子をTwitterに投稿したのは、Allelujahさん。娘さんの視線の先にいるのはブリティッシュショートヘアの女の子、テン子さんです。

「はじめて猫を見た娘と
はじめて娘を見た猫です」

 という言葉に添えられた写真は、なんとも微妙な緊張感に包まれた娘さんとテン子さん。

 普段は先輩猫のラムさん(ラグドール)と、色々いたずらをしたり遊んだりしているテン子さんですが、家にやってきた赤ちゃんと目が合うと、不審げな表情で固まってしまいました。同じく、テン子さんを初めて目にしたAllelujahさんの娘さんも、謎の生き物に驚いたのか固まってしまい、両親のAllelujahさん夫妻はその様子に笑いが止まらなかったそうです。

 お互い「なに?あのいきもの」と訝しみつつも、何かされるんじゃないかと警戒したのか、様子をうかがったまま動かないテン子さんと赤ちゃん。Allelujahさんによると、このまま直接絡むことなく一定距離を保った状態が続いたんだとか。

 Allelujahさんによると、テン子さんは人見知り気質なのに好奇心も強いとのことで、全身から「気にはなるんだけど……でもちょっと怖い……」という雰囲気を出していたとのこと。少し経ってテン子さんが警戒を解き始めた場面の写真も見せていただいたのですが、寝転がっていても目は赤ちゃんの様子を追い、耳を後ろにやって警戒を怠らない様子です。

 娘さんはこの後「なんかいる〜!」と興奮した様子で振り向いたそうなのですが、その様子を写した写真を見ると、背後にまだ警戒中のテン子さんが……。警戒心の強い猫さんの場合、こうやって相手が大きく動くと逃げることもあるのですが、テン子さんは姿勢を崩していないことから、警戒よりも好奇心の方が上回り始めていたのかもしれません。

 飼い主であるお母様によると、テン子さんはかなり人見知りなんだそうで、むしろ物陰から半分姿を見せた「家政婦は見た」スタイルは、家族からすると「初めてにしては懐いてる」という評価なんだそうです。これから会う機会を重ね、仲良しになってくれるといいですね。

<記事化協力>
Allelujahさん(@top__6525)

(咲村珠樹)