ワンちゃんと言えばご主人様がお家に帰ってきたら大喜びして出迎えるのが常識だと思っていたのですが、そんな筆者の常識を根底から覆してくれたのが、柴犬・しばたろうくん。6歳になる彼は、飼い主さんが帰宅しているというのに、なんと爆睡していたのでした。

 しばたろうくんの飼い主さんは3月16日、「飼い主が帰宅した時の犬」というコメントと共に1枚の写真を投稿。写真にはソファーの上で気持ち良さそうに寝ている、しばたろうくんの姿が…・・・。思わず「しばたろうくん!起きて!飼い主さんが帰ってきてるよ!」と声をかけたくなりますね。

 普段は好奇心旺盛で超頑固というしばたろうくんですが、「気付かずに寝ているのは初めてです」とのこと。「普段は寝ていてもすぐ起きてお迎えしてくれるんですが、起こしたら迷惑そうな顔をしてまた寝直しました」と、飼い主さんも少し困惑している様子。まさか寝直すとは……。

 「暖かい日だったので、よっぽど気持ち良かったんでしょうね」と語る飼い主さん。器のデカさに感服してしまいます。しばたろうくん、優しい飼い主さんで本当に良かったね。

 ソファーで寝ていたしばたろうくんについて、飼い主さんは「リラックスしてお留守番できるようになったんだなぁと、飼い主としては安心しています」と話していました。たしかに、そういう見方もできますね。

 この投稿には、「えっ、犬に対しての憧れが……イメージが違……」「うちと全く同じなんですけど」「寝てるし爆笑」などのコメントが寄せられていますが、中には「あるある」と言う人もいるようなので、もしかしたらけっこうあることなのかもしれませんね。

<記事化協力>
白柴しばたろうさん(@uni_101010)

(佐藤圭亮)