小田急電鉄が、小田急線海老名駅西口で開業準備を進めてきた「ロマンスカーミュージアム」の開業日が、2021年4月19日に決定しました。3000形をはじめとした歴代ロマンスカーが展示される当施設は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開業から当面の間は入館が事前予約制となります。

 小田急のロマンスカーミュージアムは、小田急線海老名駅西口前の海老名検車区に隣接した敷地に開設されます。向かい合わせの関係となるJR相模線海老名駅とに挟まれたエリアでは、現在「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」の開発が進められています。

 館内は4つのゾーンで構成。1階の「ヒストリーシアター」では、1927年4月1日の小田急(当時は「小田原急行鉄道」)開業時に、新宿〜稲田登戸(現:向ヶ丘遊園)の近郊区間用として使用された1形電車10号車(熊本電鉄で運用後里帰りし当時の仕様に復元)を中心に、小田急電鉄のはじまりとロマンを感じるシアターとなっています。

 目玉となる「ロマンスカーギャラリー」では、1957年に登場した3000形(SE)をはじめ、1963年登場の3100形(NSE)、1987年登場の7000形(LSE)、1987年登場の10000形(HiSE)、1991年登場の20000形(RSE)と5形式のロマンスカーが並びます。連接車のSE、NSE、LSE、HiSEと、ボギー車のRSEとの違いも見比べられます。

 2階には小田急沿線の魅力を堪能できる「ジオラマパーク」と、男の子も女の子も楽しめるロマンスカーがテーマの「キッズロマンスカーパーク」の2つのゾーン。ロマンスカーの運転シミュレータ「ロマンスカーアカデミアII」もあります。

 屋上は海老名駅と海老名検車区(電車基地)を一望できる「ステーションビューテラス」。駅を発着する電車や、電車基地へ入出庫する電車を眺めることができます。

 また、2階にミュージアムショップ「TRAINS」とともに併設されるカフェは、名称が「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE(ロマンスカーミュージアムクラブハウス)」に決定。小田急沿線の食材やロマンスカーにちなんだメニューを提供する予定です。

 営業時間は10時〜18時(最終入館:17時30分)で、季節によって変動する場合があるとのこと。入館料は大人(中学生以上)が900円、子ども(小学生)400円、幼児(3歳以上)が100円で、3歳未満は無料となります。

 休館日は第2・第4火曜日で、別途休館日を設ける場合があるとのこと。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は事前予約制となりますが、予約方法などについての情報は3月26日に改めて公式サイトなどで告知することとしています。

情報提供:小田急電鉄株式会社

(咲村珠樹)