3月中旬というのに寒い日が続きますね。寒いのが苦手という人も多いと思いますが、それはペットも同じ。いつもは自由でマイペースなプレーリードッグのV(ブイ)くんもどうやら寒いのは苦手なよう。大好きな散歩に行くために外に出たものの……厳しい現実に心が折れてしまったみたいです。

 Vくんの飼い主さんは3月9日、自身のTwitterで「あんなに外に出たがってたのに、いざ出てみると寒くてやる気なくなったのは、こちらの方です」と、Vくんの動画を投稿。動画には、散歩のために家から出てきたVくんの姿が映っていたのですが、飼い主さんが手を握って誘っても、すでに行く気はゼロ。まったく動こうとしません。

 数分前までは、お家で飼い主さんの方を見ながらホイールを走ったり、ケージのドアの前でうろちょろしたりして、散歩の催促をしていたそうなのですが、今となっては見る影もありませんね。案の定、「動画の後、玄関のドアをひっかいて中に入りたいアピールをしたので、すぐに帰りました」とのこと。

 「普段、18~28度の部屋にいる時間が長いので、寒さにはあまり強くないかもしれません」と語る飼い主さん。「(Vくんは)天気の良い日で、かつ暇になると外に出たがります」と話していました。

 やる気が無くなってしまったVくんを見て、飼い主さんは「思ったより寒かったので、『そうだよねー寒いよねー、家に帰る?』などと話しかけていました」と教えてくれました。無理をして散歩させても風邪を引いてしまいますからね。

 この投稿には、2万5000件以上のリツイートと15万5000件以上のいいねが付き、「固まっちゃったんですね。かわいい!」「ハーネスがダウンジャケットみたいで可愛い」「何とも言えない表情がたまりません」など、多くのコメントが寄せられています。

<記事化協力>
Yukiyngさん(@Yukiyng2)

(佐藤圭亮)