線路で鳴いていたところを現在の飼い主さんに保護されたという雑種猫のれいるちゃんは、とても正直な女の子。しかし、正直すぎて、その時の感情がすぐ表情に出てしまうのだとか……。

 飼い主さんは3月1日、「気分で顔がこんなに変わる」というコメントと共に、れいるちゃんの落差がある2枚の写真を投稿しました。

 1枚目の写真には可愛い顔で上の方を見つめている、れいるちゃんの姿が写っていました。これは飼い主さんの膝の上に乗る事が大好きなれいるちゃんが、「乗せて~」と催促している時の表情とのことです。こんな顔で催促されたら、いくらでも乗せてあげたくなりますね。

 一方2枚目の写真では、先ほどの可愛さは見る影もなく、れいるちゃんがとても険しい表情でこちらを見つめています。いったい、れいるちゃんに何が起こったのでしょうか。

 2枚目の写真の左側に写っているのは一緒に住んでいるアビシニアンのりおんくん。「りおんは、とにかくやんちゃな性格で好奇心旺盛。れいると一緒に遊びたくて、いつも追いかけられたり、噛んだりするので、れいるはりおんが近づいてくると露骨に嫌な表情になります」と飼い主さんは教えてくれました。

 なるほど、そういう事だったんですね。それでは、こんな表情にもなるでしょうね。飼い主さんは2枚の写真を見比べた時、「わかりやすいな〜と、思わず笑ってしまいました!」と話し、「猫はクールなイメージがありますが、一緒に暮らしていると喜怒哀楽がハッキリしていて本当にわかりやすいです」と語っていました。

 この投稿には、「同じ猫ちゃんに見えない」「どんな顔していたって、れいるちゃんは可愛い」「変わりすぎ〜」など、多くのコメントが寄せられ、写真を見た人たちも、れいるちゃんの落差のある表情を楽しんでいる様子でした。

<記事化協力>
myuさん(@myuusj)

(佐藤圭亮)