幅広いジャンルのマニア・研究者・専門家が大集合し、ブース出展やオリジナルグッズを販売する魅惑のイベント「マニアフェスタVol.5」の開催が発表されました。期間は3月27日、28日の2日間、大阪駅直結のファッションビル「ルクア大阪」のLUCUAホールにて開催されます。

 「マニアフェスタ」は合同会社別視点が開催する各ジャンルのマニアがブースを出展し、活動成果を披露・オリジナルグッズを販売する展示即売会。2018年6月から始まり、現在までに4回開催。累計8000名以上が来場しています。

 知識量や実績を競うのではなく、それぞれの「好き」を表現し、波長の合う人と交流できる場として好評を得ている人気イベントです。

 関西初開催となるマニアフェスタVol.5は「マニアをほんまにあいしてる」というキャッチコピーのもと、「レトロマニア」「日本をサイバー化するマニア」「夜景でおじさんを撮るマニア」などが集結。2日間で総勢49組のラインナップが楽しめるそうです。

 また無料で楽しめるオンライン版も登場。香港から「香港とマカオのレトロな看板文字マニア」、イギリスから「路上の果物と野菜マニア」、ロシアから「道に落ちた手袋マニア」など、海外のマニアのみなさんも参加予定。自宅からでもマニアの情熱に触れ、日常を少し違う視点で見てみる面白さに触れることができます。

 3月27日に出展予定の「野良イスマニア」は、バス停などに誰かが置いていった家用のいすを“野良イス”と名付けて写真を撮り続けているマニア。家用のイスとしての役目を終え、屋外で雨風にうたれながら過ごす野良イスたちの哀愁がたまらないそうです。

 3月27日・28日に出展予定の「顔はめ姿を自撮りするマニア」は、観光地などでよく見かける顔出しパネルの愛好家。辛くなりがちな体勢に注目し、パネルの裏側から自身の顔はめ姿を自撮りするようになったとか。

 そのほか、様々なマニアが出展予定。詳細はマニアフェスタVol.5のホームページで確認できます。

 日程は3月27日、28日の2日間、各日10:30~20:30に開催予定。入場チケットは全て税込価格で前売り800円、当日1000円。小中学生はどちらも500円。未就学児は無料で入場できます。チケットはイープラスで購入可能です。

情報提供:JR西日本SC開発株式会社