3月8日は、国連が定める「国際女性デー」。イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれ、身近な女性にミモザの花を贈って感謝を伝える日となっています。イタリアのチョコレートメーカー、フェレロは「ミモザの日」特設サイトを2021年2月25日にオープン。川崎ラ チッタデッラやイタリアンレストランでのプレゼント、ライブ番組に協賛します。

 国連の「国際女性デー」は、1904年3月8日にアメリカで女性参政権を求めたデモが実施されたをルーツとして、1975年に制定されたもの。イタリアでは3月8日を「ミモザの日(Festa Della Donna)」として、家族や恋人など身近な女性にミモザの花を贈り、日頃の感謝を伝えています。

 ヘーゼルナッツ入りのチョコレート菓子「ロシェ」で有名なイタリアのチョコレートメーカー、フェレロでは、このミモザの日をもっと知ってもらうため、2月25日に特設サイトをオープン。サイトのキービジュアルがイラストレーターのakaさん、ミモザの日紹介コンテンツでは出張撮影サービス「Lovegraph(ラブグラフ)」とのコラボとなっています。

 サイト内ではミモザの日を紹介するコンテンツのほか、フェレロが参加する各種イベントについて紹介されています。まず、イタリアの昼タウンをモチーフにした川崎市のラ チッタデッラで、2月15日~3月7日に開催されている「MIMOSA FESTA 2021」では、会場をフェレロ ロシェをあしらったミモザのリースやスワッグで装飾。

 また、フォトコンテストで「フェレロ賞」受賞者に、フェレロ ロシェを1年分(365粒)プレゼント。このほか施設内のレストランでの「ミモザフェア」期間中(3月7日まで)に、フェアメニューを注文するとフェレロ ロシェが1粒プレゼントされます(先着1000名)。

 会場内に設置された特設ブースでは、3月6日・7日限定でインスタグラムのフェレロアカウントをフォローした方に、フェレロ ロシェ3粒とブーケキットをプレゼント(先着2000名)。さらにハッシュタグ付きで投稿した方の中から、抽選で300名にグランドフェレロ ロシェ1個がプレゼントされます。

 全国のイタリアンレストラン49店舗では、在日イタリア商工会議所と参画し「ミモザの日/Festa Della Donna」を開催。3月6日・7日のランチタイムに来店した方に、グランドフェレロ ロシェ、ミモザ、特製リーフレットからなる「フェレロ特製ギフト」をプレゼントします(各店舗先着100名)。

 そして3月8日の「ミモザの日」21時から始まる、ハフポスト日本版のインターネットライブ番組「ハフライブ」内では、ミモザの日スペシャル番組が配信されます。株式会社arca代表のクリエイティブディレクター、辻愛沙子さんがメインMCを務め、大手企業で中間管理職として活躍されている方や働き方の専門家を招き、女性管理職から考える多様なキャリアについて熱く話し合います。

 身近な女性に感謝を伝えたいけれど、うまいタイミングが見つからない、という方も少なくないかと思います。ミモザの日を機会に、ちょっとした感謝を伝えるのも、素敵なことかもしれません。フェレロの「ミモザの日」特設サイトには、各イベントの詳細が掲載されています。

情報提供:日本フェレロ株式会社

(咲村珠樹)