忠犬ハチ公と言えば、ご主人様の帰りをしっかりお座りして待っている印象が強いですが、スーパーマンスタイルで待つ忠犬もいるようです。そのわんこはコーギーのおこげくん。可愛いお尻を見せつつ健気に飼い主を待つ姿に癒やされてしまいます。

 おこげくんは人懐こくて、ワンプロ(犬同士のじゃれ合い)が大好きなやんちゃボーイ。そんなおこげくんの、飼い主さんの帰りを待っている写真が投稿されたのは2月14日。飼い主さんの「飼い主の帰りを待つ忠犬?コギ公」というコメントも添えられていました。

 「普段は立ったり、座って待つことが多いです!」と語る飼い主さん。「待ちくたびれたのか、この体勢で待っていました」とのこと。たしかに「まだかなぁ~……」と言っていそうな感じが、おこげくんのお尻から伝わってきますね。

 飼い主さんは今回の写真を見た時について、「コーギーのお尻は食パンと例えられますが、あまりにも丸くて、潰れた薄皮あんぱんみたいだなと思いました!」と話していました。本当にかぶりつきたくなるほど、可愛いお尻だ……。

 さらに「『飼い主を待ち続けた忠犬ハチ公の銅像はかっこよくお座りしてるけど、飼い主を待ち続けてる姿がコレだったら銅像もこうなるのかな?なんだか笑っちゃうかも』と思い、忠犬コギ公とツイートしました」と投稿までの経緯を教えてくれました。

 ちなみにおこげくんは鍵の音が聞こえただけで反応して迎えに行くそうで、飼い主さんの姿が見えると自慢のお尻をフリフリしながらダイブしてくるのだとか。おこげくんの飼い主さんへの愛情が伝わってきますね。なぜか、こんがり焼けた食パンが食べたくなった筆者でした。

<記事化協力>
コーギー/おこげさん(@okoge_cogi)

(佐藤圭亮)