2020年に打ち上げられたNASAの火星探査ローバー「パーセベランス(Perseverance)」が、いよいよ日本時間の2月19日朝6時前に火星表面へ着陸します。初めて地球以外の場所で飛行するヘリコプターも搭載し、火星表面で液体の水があった証拠となるサンプルを見つけ、火星に生命が存在した可能性の手がかりを探します。

 NASAの火星探査計画「MARS 2020」のローバー(探査車)、パーセベランス(忍耐や根気という意味)は、2020年7月30日にアトラスVロケットで打ち上げられました。

 2020年は地球と火星の位置関係が火星探査に適していたため、各国で火星探査機が打ち上げられています。NASAより一足先に打ち上げられた中国の「天問1号」、UAEの「Hope」は、すでに火星へ到着。同じく2020年に打ち上げ予定だったロシアとヨーロッパ共同の「ExoMars」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けてスケジュールが遅れ、2023年に打ち上げが延期されました。

 パーセベランスが目指す着陸点は、かつて湖があり生命活動があった可能性の高いジェゼロ・クレーター。NASAではジェゼロ・クレーター周辺を重点的に調査しており、1976年に打ち上げられた「バイキング1号」から、2011年に打ち上げられ現在も活動中のローバー「キュリオシティ」まで、ほとんどの火星探査機が着陸しています。

 今回パーセベランスの着陸は、狙ったところに正確に着陸できるよう、少々変わった方式を採用しています。まず火星の大気圏に突入し、滑空したのちにメインパラシュートで減速。



 火星大気の空力加熱からローバーを保護するためのヒートシールドを切り離したら、搭載したカメラで地形を判断し、着陸に適した場所を探します。着陸地点を確定させたら、今度は「スカイクレーン」と呼ばれるユニットごと、パーセベランスを切り離して逆噴射で降下します。


 着陸地点上空に到達したスカイクレーンは、パーセベランスを釣り下げ、火星表面に「置く」ように着地させます。パーセベランスを着陸させたスカイクレーンは、そのまま飛び去る仕組み。

 この一連の着陸シークエンスは、将来有人火星探査を実施する際、着陸船をどのようにコントロールして着陸させるか、というシミュレーションも兼ねています。大気のない月と違い、火星の大気圏に突入して任意の場所に着陸する手順は、このような実地試験が不可欠です。

 火星に着陸したパーセベランスは、自力で移動するだけでなく、搭載した火星ヘリコプター「インジェニュイティ(Ingenuity)」を使って、より広範囲の探査を実施します。インジェニュイティは、地球以外の天体で大気圏を飛行する初めての航空機です。

 データの送受信は、火星を周回しているNASAの「マーズ・オデッセイ(2001年打ち上げ)」「マーズ・リコネッサンス・オービター(2005年打ち上げ)」「MAVEN(2013年打ち上げ)」、欧州宇宙機関(ESA)の「マーズ・エクスプレス(2003年打ち上げ)」「ExoMarsトレース・ガス・オービター(2016年打ち上げ)」計5機の人工衛星が中継し、地球とパーセベランスを結びます。

 パーセベランスの着陸を前にした2021年2月16日、ニューヨークのエンパイアステートビルでは、パーセベランスの火星到着を祝ってビルを赤く染めるイルミネーションを実施しました。

 火星への着陸は、日本時間の2月19日4時15分より、NASA TVとYouTubeのNASA公式チャンネルで生配信予定。着陸は日本時間5時55分を見込んでいます。

<出典・引用>
NASA 火星探査計画特設サイト
Image:NASA

(咲村珠樹)