回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」から、横浜中華街発展会協同組合とコラボレーションした「横浜中華メニュー」が販売されます。期間は2月10日~16日の7日間。メニューは「上海風フカヒレにぎり」「上海風豚の角煮にぎり」「上海風フカヒレと蟹餡かけ茶碗蒸し」の3種類。高級感も美味しさも楽しむことができる一品になっているそうです。

 「上海風フカヒレにぎり(1貫330円/税込)」は一枚一枚ていねいに選定したフカヒレを使用。豚骨と鶏足で煮だした濃厚な白湯スープで味付けられたフカヒレは、ツルリとなめらかでプリプリとした食感。フカヒレの旨味を存分に楽しめる贅沢な逸品です。

 「上海風豚の角煮にぎり(2貫308円/税込)」は上海料理の定番である豚バラ肉の醤油煮込みを再現した一品。少し濃いめの味付けとシャリがベストマッチ。中国の代表的な混合スパイス五香粉を使用して香り豊かに調理された豚肉はトロトロな仕上がりになっているそうです。

 「上海風フカヒレと蟹餡かけ茶碗蒸し(308円/税込)」はフカヒレと本ずわい蟹ほぐし身を贅沢にどちらも味わえる茶碗蒸し。コク豊かな味わいが特徴の上海風白湯スープとの相性も抜群とのこと。

 どのメニューも横浜中華街に行かないと味わうことができないような本格的な味わいだとか。全国のかっぱ寿司で2月10日から販売予定です。

情報提供:カッパ・クリエイト株式会社